2019年02月08日更新

長く使えるデザインのランドセル収納ラックをDIY!

小学校になるとランドセルや教科書、学年があがってくるとえのぐや習字などたくさんの学校教材が増えてきます。6年間、毎日使うものなので学校教材は全てまとめておけるランドセル収納ラックは必須です。もちろん、リビングでも使えるシンプルなデザインとなっています。ランドセルを使わなくなった中学高校、その他のどんなシーンでも万能な収納ラックとして活用できるランドセル収納ラックの作り方を紹介します。

アン
アン
 

ランドセルを置く場所が選べる

ランドセルラックDIY_3

ポンと上に置いても楽々とランドセルをお片づけできます。

ランドセルラックDIY_4

棚の下段にもすっぽり入るので、低学年でも簡単に入れられます。

ランドセルラックDIY_5

もちろん、フック等で横に引っ掛けてもOK。お子様が一番使いやすい場所にランドセルを収納できます。

 

教科書もしっかり収納できる

ランドセルラックDIY_6

1年分の教科書やノートが入るぐらいの幅です。奥行きを深くせず、教科書が取りやすいようにしました。

 

引出し付きなので筆記用具等の小物収納もできる

ランドセルラックDIY_7 ランドセルラックDIY_8

筆記用具以外にも給食ナフキンやハンカチティッシュなど入れておけば、学校に行く用意もスムーズです。これなら忙しい朝でも一度に準備できますね!

 

小学校を卒業後は収納棚にできる

ランドセルラックDIY_1 ランドセルラックDIY_2

小学校を卒業し、ランドセルを使わなくなった年齢でもそのまま使えるように、大人向きのシンプルなデザインにし、遊び心として可愛らしいカラフルキャスターを取り付けました。

 

引出し付きランドセル収納ラックの作り方

必要な材料

針葉樹合板12mm

a)側板(910×412mm)・・・2枚
b)背板(910×354mm)・・・1枚
c)天板(400×354mm)・・・1枚
d)引出前板(150×353mm)・・・1枚

1×4材(19×89mm)

e)棚板(324mm)・・・8枚

2×2材(38×38mm)

f)棚板前(354mm)・・・4本

杉角材(18.5mm)

g)棚板支え(353mm)・・・6本
h)引出支え(388mm)・・・2本
i)引出支柱(100mm)・・・4本

合板(5.51mm)

j)引出側板(100×374.5mm)・・・2枚
k)引出背板(100×353mm)・・・1枚
l)引出底板(380×353mm)・・・1枚

カラフルキャスター

和合商事株式会社 家庭室内用 カラフルキャスター Neoo ミントブルー×ライトグリーン(GG) 6x10x10(cm) 4GG-75 4個

 

必要な道具

  • さしがね(もしくは30cm定規)
  • メジャー
  • ジグソー(なければ曲線切りのこぎり)
  • ドリルドライバー
  • 下穴ビット(1.5mm)
  • クランプ
  • 木工ボンド
  • サンドペーパー
  • のこぎり(木材カットする場合)
  • ネジ(ビス)(①15mm×4本 ②15~20mm×12本 ③22~23mm×4本 ④29~30mm×6本 ⑤45~55mm×12本)

木材の全てを先にカットしていた方がいいですが、引出しの材料は組み立てる前に実寸で会わせてカットした方が間違いが少ないです。

 

ランドセル収納ルラックDIYレシピ

1)側板上部を丸くジグソーまたは曲線切りのこぎりでカットする。

ランドセルラックDIY_10 ランドセルラックDIY_11

ラック手前の角を丸くカットします。ジグソーがなければ曲線切り用ののこぎろを使ってカットするか、角を落としてサンドペーパーで軽く丸みをつけてもOK。

2)棚受けをつくる

ランドセルラックDIY_12 ランドセルラックDIY_13 ランドセルラックDIY_14 ランドセルラックDIY_15

2×2材(f)に杉角材(g)をボンドとネジ(⑤45~55mm)で固定する。

3)棚をつくる

ランドセルラックDIY_16 ランドセルラックDIY_17 ランドセルラックDIY_18

先ほど作った棚受け2つに1×4材(e)4枚、ボンドで固定し、中央部分に棚板支え(g)をボンドで取り付ける。これを2つつくる。

4)側板に引出し用の支えを取り付ける。

ランドセルラックDIY_19 ランドセルラックDIY_20

側板上部から250mmの箇所に目印となる線をひく。引出支え(h)を線の上、両側の端から12mmづつあけた中央のところにボンドで固定する。反対側の側板にもつける。

5)棚板をとりつける

ランドセルラックDIY_21 ランドセルラックDIY_22

一番下の棚板をボンドとネジ(④29~30mm)で取り付ける。背面が内側にはいるので、前面部分と面一になるように。

ランドセルラックDIY_23 ランドセルラックDIY_24

中段の棚板は引出し支えから350mm下に取り付ける。引出しの支え下側から中段の棚板まで350mmです。

6)背板を取り付ける。

ランドセルラックDIY_25 ランドセルラックDIY_26

背板(b)をボンドで取り付ける。ネジはつかわないためしっかりとクランプなどで固定する。

ランドセルラックDIY_27

念のため引出しの底板を入れてサイズがあっているか確認することをおすすめします。

7)引出しをつくる

ランドセルラックDIY_28 ランドセルラックDIY_29

引出側板(j )に引出支柱(i )をボンドとネジ(②15~20mm)で取り付ける。

ランドセルラックDIY_30 ランドセルラックDIY_31

背板(k)と底板(l )をボンドとネジ(②15~20mm)で取り付ける。

ランドセルラックDIY_32 ランドセルラックDIY_33

前板(d)をボンドとネジ(③22~23mm)で取り付ける。前板は上下とも空間があくので、下側に引出し支えと同じ角材を合わせてください。ネジは裏から取り付けますが、ネジが気にならないのであれば前からでも問題ありません。

ランドセルラックDIY_34

取っ手をつけたら引出しの完成。

8)カラフルキャスターを取り付ける

ランドセルラックDIY_35 ランドセルラックDIY_36

カラフルキャスターにはビスとワッシャーが付属しているので、それを使って角に取り付ける。

完成!

ランドセルラックDIY_38  

まとめ

学習机があればランドセル収納ラックは必要ないですが、最近は中学高校に入っても使える机を準備したり、リビングで宿題をする家庭が増えているのでランドセルや教材等の収納は必要になってきています。6年も使うランドセル収納ラックを家族みんなで作るのも楽しいですよ。ぜひDIYをおすすめします!

 

カラフルキャスターの紹介

201606-01a-21

和合商事 カラフルキャスター Neoo

カラフルキャスターはカラーもサイズも3種類あります。 独自設計により車輪軸をカバーしているので、ほこり等が入りにくい。車軸部はエラストマー樹脂を採用しているので、室内でも音が静かです。

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
 
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap