2017年02月21日更新

漆喰に挑戦するならカンタン壁塗り材「ひとりで塗れるもん」

カフェみたいな漆喰塗りの部屋って憧れますよね。でも、自分にもできるのかな?という方も多いのでは。そんな方にぴったりなのが生クリーム感覚で塗れる「ひとりで塗れるもん」という壁塗り材。伸びがよくて初心者でも使いやすいんです!その塗り方をご紹介します。

ズッキー
ズッキー

ひとりで塗れるもんとは?

名前の通り一人でも簡単に塗れる、軽くて柔らかい壁塗り材です。まるで生クリームを塗る感覚で楽しい!と、女性DIYerの注目を集めています。

厳密には漆喰ではありませんが、まるで漆喰のような見た目に仕上がり、機能性も抜群。まずは機能性や特徴をご紹介します。

漆喰と珪藻土と、どう違うの?

2017-02-21_103549

漆喰は「消石灰」という石灰石を焼いたものが主成分。調質効果や耐火性、消臭性があるうえに強アルカリ性のためカビにも強い!

2017-02-21_103600

珪藻土は、魚のえさになるような「植物性プランクトン(藻)」の化石でできており、漆喰同と様に調質や消臭効果があります。

漆喰と異なるのは中性のためカビに弱いところ。ただ、風通しのいい場所であれば問題なく使えます。

ひとりで塗れるもんは自然素材系の材料で、調質効果や耐火性・消臭性はもちろんのこと、弱アルカリ性なので素手で触れても問題ありません。

また、漆喰や珪藻土は水で練ることから始めなければなりませんが、ひとりで塗れるもんなら練り作業不要で容器をあけた瞬間にすぐ塗れるから本当に楽ちんなんです♪

いざ、ひとりで塗れるもん!

1道具をそろえよう

2017-02-21_103703

・ひとりで塗れるもん
・コテ(塗るため)
・コテ受け(塗り材を載せておく)
・ひしゃく(容器から塗り材を取り出すため)
・ゴム手袋(手に触れても問題はないですが念のため)
・マスカーテープ(これを敷いておかないと床が汚れます)
・マスキングテープ(塗ってはいけないところを防ぎます)
・きりふき(乾いたところを湿らせて塗りやすくします)
・ぞうきん(コテについた塗り材を拭くため)

それぞれ代用品でもOK!例えば、コテ受け台ならちり取りでも充分です。ひしゃくは使わなくなったお玉でも大丈夫です。

2017-02-21_103721

ちなみに、コテは大きい平面や早く塗りたい場合は四角型。柱やコンセント周りは剣型がおすすめ。

しなるくらいの厚みのものが塗りやすく、プラスチック製やステンレスの厚さ0.3~0.4mm程がいいです。

2塗る前に壁の素材を確認しよう

2017-02-21_103712

壁の素材に注意。壁の素材によってはうまく塗れない場合があります。ベニヤや土壁はアクや気泡を抑えるためにシーラーを塗りましょう。シーラーは刷毛で二度塗りがベストです。

3マスカーテープで養生

a82eea61ac06c598b4503436b64e035b-e1486539521700

壁にぴったり沿わせて養生すると、壁塗り材を塗って固まった後にはがせなくなってしまうので、2~3mmほど隙間をあけてテープを貼りましょう。

4塗りましょう!

Screenshot_20170221-143842

人差し指と中指で持ち手を挟むようにしてコテを持ちましょう。

Screenshot_20170221-142157

コテ受け台に乗せる量はパンケーキくらいが目安。乗せすぎると重くなる上に、一度にたくさん塗りすぎると均等に伸ばすのが難しいです。

Screenshot_20170221-141957

コテ受けを壁に当てながら壁塗り材を塗りつけていきます。

2017-02-21_103732

コテは同じ向きで手首を固定して平行に動かします。塗る厚みは1~2mm。固まって伸びが悪くなったらきりふきで湿らせると滑らかに戻ります。

2017-02-21_103741

塗ろうとしている範囲の四隅から内側に向かって塗りつけていきます。これを壁全体に繰り返していきましょう。

※塗るときの注意点

Screenshot_20170221-141556

コテをしならせながら進行方向を少し浮かせて壁に押し付けるように塗りましょう。

Screenshot_20170221-141816

コテを立てすぎると壁塗り材をこそいでしまうことになるので、浮かせすぎないように注意してください。

2017-02-21_103749

また、コテについた材が固まると、塗る面に傷がついてしまうので濡れぞうきんでマメに拭きましょう。

ひとりで塗れるもんの保管方法

2017-02-21_103845

塗り終わった「ひとりで塗れるもん」は容器のふちに残った材料をかき集め、落し蓋をするようにラップ等で覆い、空気が直接触れないようにして保管します。

2017-02-21_103855 日陰の涼しいところで保管し、製造年月日より1年以内に使うようにしましょう。捨てるときは不燃ごみで出しましょう。

おすすめ便利アイテム

577149_1

部屋の四隅は壁塗り材用の「角コテ」を使うと、平らに均せます。

購入はこちら
うま~くヌレール 漆喰(塗り壁材料) 角こて

ひとりで塗れるもんのポイント

1ひとりで塗れるもんは一度塗りでOK!

漆喰や珪藻土だと二度塗りが必要になりますが、ひとりで塗れるもんは一度塗りでOKだから楽ちん♪

2表面乾燥は3時間程度、完全乾燥は1日

はやくて嬉しい!週末にあっという間にできちゃいそうですね。

3部屋の広さに合わせて購入できる!

4kg缶:3~4m2(壁一面分くらい??)
11kg缶:10~11m2(トイレくらいの広さ)
22kg缶:20~22m2(4.5~6畳ほどの広さ)
※塗る厚さによって異なります。

4全部で12色のカラー展開

部屋の一面だけアクセントカラーにするのもかわいいですね。

ひとりで塗れるもなら初めてでも大丈夫!

難しいと思われがちな壁塗りDIYですが、「ひとりで塗れるもん」なら上記の手順やポイントをおさえておけば初めてでも塗ることができます。水で練る手間がなく、伸びが良いので初心者や女性でも塗りやすくおすすめ!ぜひカフェみたいなお部屋を実現してくださいね。

この記事を書いた人

ズッキー

ズッキー

DIY FACTORY COLUMN編集長&DIYアドバイザーのズッキーです。ちょっと不器用なところもあまりますが「DIYは誰でも楽しめる!」ということを伝えていきたいです。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap