2019年03月04日更新

塗装ローラー使い方!ペイントDIYツールの使用方法を解説します

広い平らな面にムラなく塗装できるローラー。棚などの家具から、天井・壁などの内装にまで使われる幅広く活躍する塗装道具です。今回はローラーの基本的な使い方をご紹介します。

makit(メキット)編集部
makit(メキット)編集部
 

材料・備品

  • ローラー
  • 塗料
  • パレットまたはローラーバスケット
 

1. ローラーに塗料を含ませる

paint001

塗料の種類に応じて、少し水で溶いたりそのままで使ったりします。塗装したい塗料の説明をお読みください。
ローラーの種類も、塗料の種類によって「外部塗料用」「トタン用」「水性塗料用」など種類があるので塗料にあわせたローラーをお使いください。塗る面が少ない場合は、パレットに塗料を入れ、少し刷毛で塗料を広げ、ローラーに塗料を満遍なく含ませます。

天井や壁など広い範囲を塗る場合は、ローラーバスケットを使います。塗料に浸したローラーをローラーネットで無駄な塗料を落とします。

 

2. 基本の塗り方

paint002

ローラーに塗料を含ませたら、塗装面に塗っていきます。
一回目はムラがあってもいいので、全体に塗り広げていくイメージです。

塗料が完全に乾いてから、二回目を塗っていきます。
二回目は、ローラーを面にギュッギュと押し付けつつ、綺麗にしていきます。

paint004

ムラなく塗れるローラーであっても、1度では綺麗に塗れないので必ず2度塗りしてください。
ムリに1度で塗りきってしまおうと、塗料を含ませ過ぎたまま1度塗ってしまうとローラーの跡や塗料のたまりができてしまいます。

 

3. 天井を塗る

paint014

ローラーで天井を塗る際は、角や継ぎ目の部分などの入角をハケで塗っておきます。

 

それからローラーで塗装に入りますが、天井の場合ローラーに専用の継ぎ柄を装着し、長さを足して塗装してください。塗装方法は上記と同じで、必ず2度塗りしてください。

 

今回使用した道具はこちら

刷毛の購入はこちら!
刷毛の選び方と商品一覧 – DIY FACTORY

 

人気記事ランキング