2017年01月19日更新

さしがねを使った墨付けの方法!木工DIYの必須テクニックを紹介。

DIYするにはいつでも付いて回る墨付け。ほとんどはさしがねを使って、墨付けしますが、いつでも同じ材、条件で墨付けできるわけではありません。今回はさしがねを使って、様々な状況での墨付けの仕方をご紹介します。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部
関連リンク
長さだけじゃない、角度も測る。さしがねの基礎知識

材料・備品

  • さしがね
 

1.直角に墨付けする

基本的な墨付けの仕方

長手を材料に引っ掛けて、長手の真ん中あたりを持ち、妻手の外側で線を引きます。直角に引くためには、長手を材料にきちんと密着させてください。

  cs15

線を引く時は鉛筆やペンをまっすぐ持つのでなく、少し斜めに傾けると正確に線が引けます。

 

材の左端に墨付けする

cs001

さしがねは長手を材に引っ掛けて、左手で長手の真ん中あたりを持って使用するのが基本ですが、材料の左側が短く長手が引っ掛けられない場合。

cs002

さしがねの裏面には角目や丸目が刻まれているものが多いので、基本的にはさしがねは表面を使います。裏返して長手を右側に持ってくるのではなく、表面を向けたまま材の下から引っ掛けます。こうすると、長手は右側にくるのでしっかり引っ掛けることができるのです。

cs003

ただ、材料が平行でない場合だと、下から引っ掛けると垂直な線が引けなくなります。この場合は裏面を使って墨付けをしてください。

 

小口に墨付けする

cs004

幅の狭い小口には、さしがねを立てて墨付けします。長手を台に立てて置き、妻手が小口の面に沿って上を向くようにします。
この時もさしがねを材料にぴったり密着させてください。

  cs005

小口に墨付けをしていないままに、組み立てを行った場合。下穴を開けたところの真下に材があるか分かりづらく、おおよそで位置を決めるしかなくなります。

  cs006

ですが、小口に墨付けしておくと、どこに材を置くべきかが明確になり、組み立てが簡単になります。

 

薄い材に墨付けする

cs014

薄い材の長さを測るときは、さしがねを材料にぴったり当てづらいため、うまく引っかからず、正確な直角が出しにくくなります。この場合、さしがねの長手をたわませて2点引っかけると、さしがねが安定して正確に墨付けができます。

 

曲線を描く

cs007

さしがねは柔らかく、しならせることで曲線も引くことができます。材の端から同じ長さを両方向にとり、そこを通るようにさしがねをしならせると、左右対称な扇型の墨付けができます。

  cs008

半円を描きたい場合は、描きたい半円の両端と、その中間の位置に好みの高さの計3点に印をつけます。

  cs009

その3点を通るようにさしがねをしならせます。それに沿って線を引けば半円が描けます。

  cs010

ただ、どちらもさしがねを持つ人、曲線を描く人の2人が必要になります。1人で作業する場合はクランプを使って固定して、片手でしならせ、片手で描きましょう。

  cs011

さしがねはクランプだけだと固定しきれないので、2枚の板に挟むか、切れ込みを入れた厚めの材をお使いください。

  cs012  

※さしがねで曲線を描く場合は、使用後なったまま形が真っ直ぐに戻らないことも多々ありえます。また商品によっては、しなりにくいものもありますので、ご注意ください

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap