2016年01月07日更新

何度も壁から抜けるネジ。どうすればしっかり打ち込めるの?

家の壁に棚やフックを取り付けたときに、打ち込んだネジがゆるんだり、抜けたりしたことはありませんか?実は家の壁にはネジを打ち込む適切な場所や専用のネジがあるんです。なぜネジはゆるんでしまうのか、どうすれば良いのかを知りましょう。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

なぜネジが抜けるのか

2017-01-23_183413

壁の材質でもっとも多いのは「石膏ボード壁」です。木造の場合、上図のように「間柱(まばしら)」という柱を等間隔に立て、そこに防火性・遮音性などに優れた石膏ボードを取り付け、その上に塗装や壁紙を貼っていることが多いです。石膏ボードの裏側は、間柱に触れている部分以外は空洞になっています。

sitaji1-03

空洞になっている箇所にネジを打ち込むと、石膏ボードを貫通してしまったネジ先の支えがなく、すっぽり抜けてしまうのです。

どうすればいいのか

・壁の下地にビス(ねじ)を打ち込む

柱、間柱、胴縁の下地木材を探し、下地木材にネジを打ち込む方法です。強度もあり安全なため、この方法を一番おすすめします。

・石膏ボード用アンカーを打ち込む

sitaji1-04

一般的に紹介されている石膏ボード用アンカーが「カベロック」です。できれば壁下地に打ち込んだ方が安全ですが、裏が空洞の壁に打ち込む場合は取りつけるものが軽量であるようにしましょう。

sitaji1-05

取り付け方法はまず、プラスドライバーでカベロックを石膏ボードに打ち込みます。壁の表面と面一になるぐらいが目安。あとは取り付けるフックや金具を、ネジを使ってカベロックに打ち込みます。

sitaji1-06

カベロックは取り外し可能ですが、大きな穴があくことになるのが難点です。

sitaji1-07

カベロック以外にアンカーの種類は、ボードアンカー・モノマックス・トグラーなど種類は豊富ですが、壁裏の空洞部分でアンカーが開いて抜けない仕組みなっているので、取り外しができない、もしくは取り外しが非常に難しくなっています。

・石膏ボード用クギを使う

sitaji1-08 sitaji1-09

3本のクギでフックなどを固定する方法です。時計やカレンダーなどの軽いのものに向いています。釘自体が細く取り外したときの穴が小さいので、カベロックのように大きな穴をあけることは避けられます。

状況によって使い分けしてもいい

石膏ボード壁へのビス止めは下地材に打つことによりネジの緩みや抜けが解決し棚の落下も防げます。下地材がない場所では石膏ボードアンカーや石膏ボード用クギなどで対応ができるということですね。

関連リンク
壁の構造を知って、棚を取り付けよう!

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap