blank


2019年01月31日更新

壁の下地探しの方法!下地センサーとどこ太の使い方

壁に棚やフックを取りつける際は石膏ボード壁の内側にある下地材(柱)に取りつけないと、ネジが緩み棚やフックが落下してしまいます。しっかりネジを止めるためにはまず下地材を探さないといけません。今回は下地材を探す専用の道具と使い方を紹介します。

blank
makit(メキット)編集部
 

壁のDIYで重要な「下地探し」

壁に棚などを取り付ける場合

日本の住宅の壁は9割が「間柱」などの下地に石膏ボードを取り付けて作られています。石膏ボードはもろくて崩れやすいので、棚などを取り付けるなら下地材にネジをうちこまなければいけません。そのため石膏ボードの裏にある下地材を探す必要があります。

blank  

下地探しの道具の種類と使い方は?

下地を探す専用の道具は2タイプあります。

・壁に針をさして探すタイプ
・センサー感知で探すタイプ

 

壁に針をさして下地探しするタイプ

DIYでもよく使われている「下地探しどこ太」。中心部から針が出てくる仕組みで、石膏ボード壁に直接針を突き刺し、手ごたえで壁裏の下地材(間柱)を見つけます。この針の長さは25mm、35mm、45mmの3種類あり、石膏ボード壁の厚みにより使用する針の長さが変わります。一般の石膏ボード壁の厚みは9mmや12.5mmのため、一番短い25mm針でも対応は可能です。施設や病院などは耐火対策で石膏ボードが2枚重ねで壁が分厚くなっていることが多いので一番長い45mm針の使用をおすすめします。

下地探しどこ太  

下地探し「どこ太」の使い方

まず壁をコンコンとノックして音は確認します。壁の向こう側が空洞の場合は低くこもった音がなりますが、下地材(間柱)がある場合は何かあたっている高い音がなります。高い音の場所に間柱がありますので、そこへ下地探し「どこ太」をまっすぐ突き刺します。針がほとんどは入らなければ間柱がある場所となり、手ごたえなくすっぽりと針が入ってしまうのであれば柱がない中空部分ということになります。横へずらしながら数回刺し続けると間柱と中空部分の境目がわかります。

下地探しどこ太  

針の穴はこのように小さいです。

下地探しどこ太  

間柱に刺した時の針の入り具合で、石膏ボードの厚みがわかるよう目盛り表示となっています。

下地探しどこ太  

下地探し「どこ太」の針交換

針の刺さりが悪くなったり、曲がってしまった場合は針の交換が必要となります。特に長い針の場合は斜めに刺してしまうと曲がりやすいです。本体には替え芯が2本付属していますのですぐに交換が可能です。別売りで替え芯10本入りも販売してます。

下地探しどこ太  

下地探し「どこ太」のロックスイッチ

何かの拍子に針が飛びだしてケガをしないようにロック機能がついています。親指で簡単にロック切替ができるので作業中もスムーズにロック切替えができます。

下地探しどこ太  

下地探し「どこ太」はマグネット付きタイプもあり

針のサイズは25mm、35mm、45mmの3種類ですが、35mmマグネット付きタイプがあるので合計4種類の下地探し「どこ太」があります。マグネットでは石膏ボード裏の金属を探知してくれます。鉄骨が入っていたり、間柱のネジが打ち込んでいたりする場合でもマグネットがあれば見つけられます。基本、石膏ボードを間柱にと取り付ける際にネジを使用するので、ネジの場所がわかれば必然と間柱も発見できますね。マグネット付きの「どこ太」が一番人気です。

下地探しどこ太  

下地センサー感知で下地探しするタイプ

石膏ボード裏の金属・木材・プラスチックをセンサーで探知し、点灯と電子音で知らせてくれるタイプです。センサータイプは全部で5種。電線警告機能付き、探知物検出深度を設定付き、間柱の中心を一発探知付き、コンクリやモルタルの上から探知できるものなど豊富にあります。青色の「super」から右側は電線警告機能付きなので、ネジなど打ち込んだ時に壁裏の電線を誤って切断しないよう探知してくれます。

sitaji2-01  

下地センサーの使い方

本壁に下地センサーを当てた状態でスタートボタンを押し、ピッと音がしたら準備OKランプが点灯したら探知可能ですので、壁から離さずゆっくりスライドします。探知したら赤いランプが点灯し、ブザー音が鳴ります。

sitaji2-04    

金属の下地探しのみならマグネット単体アイテムもあり

壁紙(クロス)を傷つけず強力マグネットの振り子によって、壁裏の金属の下地やクギ、ネジの頭探しができる「メタルキャッチャー ミニ」。金属反応した場合、緑色の振り子がピッタリのくっつくので簡単に反応がわかります。軽くてコンパクトなので持ち運びや収納が便利。針タイプの下地探しと併用で使ってもいいですね。

sitaji3-05   sitaji3-06  

下地探しの注意点

針タイプとセンサータイプはどちらも木材の下地を探すために使用しますが、金属や電線コードの探知も必要かどうかで選択する道具が変わってきます。ただ、柱の間に断熱材等の資材が入っているとセンサーが探知しづらいので、見つけやすい針タイプの方がおすすめです。

blank  

商品紹介

 

合わせて読みたい記事

2016-01-08_092532 2016-01-08_100427  
※この記事はシンワ測定株式会社との共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント