2016年04月30日更新

ハタガネ(端金)の使い方

天板など木材同士を接着剤でつなぎ合わせるには、いかにしっかり接合できるかによって出来上がりの強度が全然違います。ハタガネを使うことで圧着力が増し、ビスや金具を使ったような強度がある木材接合ができます。今回はハタガネの部分名称や使い方を紹介します。

ハタガネ(端金)とは

板材を接着剤で接ぐ時にしっかり圧着させるためのクランプ。主にテーブル天板などワンバイ材程度の薄い板材を平行に接ぐ際に使い、二本一組で表裏から締め付けます。板材の長さによりハタガネの使用本数が変わります。

201604-01a-3

ハタガネの部分名称

201604-01a-2

ハタガネの使い方

締め付けネジと固定ねじを緩め、顎と顎の間に締めつける木材を挟みます。

201604-01a-4 201604-01a-5 201604-01a-6

固定ねじを留めてから締め付けねじでしっかりと締めつけます。

201604-01a-7 201604-01a-8 201604-01a-10

POINT

・必要以上に締めつけてしまうと棹が曲がったり材料が破損したりするので、接合部がしっかり圧着されているぐらいの締め付けでOK!
・表裏に取りつけたハタガネの締め具合を同じようにしてください。薄い板材をつなぎ合わせたとき、どちらか片方の締める力が強いと板が反ってしまってしっかり接着できない可能性があります。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング