2019年02月06日更新

簡単に障子の張り替えができる!おしゃれな貼り方も紹介。

昔ながらのノリで貼る障子紙はシワやたるみができやすいですが「紙の種類や色・デザインが多い」「敗れた時の修正が簡単」とメリットも多いんです。プラスチック障子紙や、アイロン障子紙よりお安いのも魅力的ですね。難しいと思われがちなノリの障子紙ですが、他の障子紙と手順はほとんど同じ。そんなノリ貼り障子紙の貼り方をご紹介します。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

障子の張り替えに必要なもの

・障子紙
・障子のり
・のり刷毛
・ヘラorものさし
・カッター(障子紙専用が好ましい)
・霧吹き

障子の張り替え方法

障子の貼り方にはいくつか方法がありますが、ここではもっとも一般的な「のり貼り」という方法をご紹介します。

 

1)古い障子紙をはがす

水を含ませたスポンジやタオル等で、糊がついている障子枠(桟)を全てをしっかり濡らします。5~10分程経ったら端からゆっくりとはがします。はがれにくい場合は再度濡らして時間を置いてください。時間を置き過ぎると乾燥してまた張り付いてしまいます。

古い障子紙が剥がれたらタオル等で残っている糊をふき取ります。すぐに新しい障子紙を貼らず2時間ほど乾燥させてから張替えしてください。

障子のはがし液も販売されていますので、お好みの方法ではがしてくださいね。

 

2)新しい障子紙をカット

障子戸に合わせて障子紙を広げ、貼り始めの位置に付属しているテープで仮留めします。付属のテープがない場合は粘着が弱いマスキングテープで仮留めしてください。

 

障子枠(桟)の下まで広げ、少し大きめにカットします。

 

3)障子枠(桟)の糊づけ

障子紙用の糊を枠(桟)に塗っていきます。  

今回は丸い容器を使用しましたが、平たい刷毛の時は四角い容器のほうが刷毛に均等に糊がつくため、塗っているときに糊が垂れません。

 

塗り残しがないようしっかりと均等に塗ります。

 

4)障子紙を貼り付け

仮留めした位置からズレないように角をあわせ、軽く引っ張りながら少しずつ貼っていきます。一人でも貼れますが、二人で作業したほうがたわみもなく綺麗に貼れます。

 

貼っている途中に障子紙が少しズレても、すぐに剥がして貼りなおしたりと多少のズレを調整しながら貼れますが、何度も剥がしたりするとシワやたるみの原因になります。また、引っ張り過ぎると破れたりするので丁寧に貼っていきます。

 

5)余分の障子紙をカット

貼り終えたら、枠(桟)からはみ出た余分な部分を切り取ります。貼ったばかりだと紙に糊の水分が多く含んでいて切り取りにくいので、半乾きになってから切り取ってください。

 

6)障子に水を吹きかけ仕上げ

糊が完全に乾いたら、霧吹きで水を吹きかけます。もし霧吹きがない場合は、手に水をつけてパッパッと軽く水をかけるだけもいいです。数時間後には障子紙がピンと張りきれいに仕上がります。

 

障子張替えのポイント

 

障子専用の定規を使う

障子紙専用の定規は、障子の外枠にあわせるだけで端から端まで同じ幅でカットでき、カット線もまっすぐきれいに仕上がります。

 

障子紙専用のカッターを使う

カッター刃がナイフのような形状になっているため、障子紙が刃に引っ掛からずスーッと滑らかに切れます。

 

普通のカッター(左)と専用カッター(右)でカットしました。糊貼り障子紙はとくに紙をひっかけやすいので、専用のカッターの方がきれいにカットできます。

 

ひと工夫!おしゃれな障子の貼り方!

基本の貼り方がマスターできたらちょっと変化をつけてみましょう!

好きな場所の障子紙をくり抜くように切り取ります。

 

切り取った場所の枠(桟)に糊を塗ります。

 

色の違う障子紙を貼ります。(色紙でもOK)

 

切り取ったサイズに合わせてカラーの障子紙をカットします。

 

部分的に色が変わりシンプルでおしゃれな障子戸に変身します。縦、横、斜めの一列やランダムに色を変えたり簡単にお部屋の雰囲気を変えられます!
糊付け障子紙だからこそできる工夫ですので、お子さんやペットが破ってしまっても補修もできますね。

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
 
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap