2016年05月29日更新

失敗知らず! マイペンを使ったウッドバーニングの描き方の基本

ウッドバーニングを楽しむためのマイペンは、日本ウッドバーニング協会でも使われている専用道具です。ウッドバーニングの基本の描き方とペン先や専用道具マイペンの種類を知って焦がし絵をマスターしましょう。

マイペンとは

木を焦がして絵や模様をつける技法ができるウッドバーニング用の電熱ペンです。木だけじゃなく、革製品や竹などにも焦がし絵を楽しめます。
ウッドバーニングに挑戦! 失敗しない描き方と大事なペン先の選び方

20160527-01a-30

マイペンの基本の使い方

(必要な道具)
・マイペン
・描きたい写真やイラストの原画
・トレーシングペーパー
・チャコペーパー
・鉄筆(先端が鉄製の筆記具)
※直接、板材に下書きしてもOKです。

20160527-01a-26

1描きたい写真やイラストの原画をコピー機で適当な大きさに伸ばし、トレーシングペーパーに輪郭を写し取ります。

20160527-01a-2 20160527-01a-3 20160527-01a-4

2写し取った原画をチャコペーパーと鉄筆で板に写し取ります。

20160527-01a-6 20160527-01a-7 20160527-01a-8

3マイペンにペン先をセットしてからコンセントを差し、電源スイッチを入れて赤いランプが点灯するまで待ちます。およそ1分程度で加熱が完了しますが、ランプが点灯していなくても温度が上昇しているので火傷をしてしまいます。絶対にペン先に触れないようしましょう。

20160527-01a-9 20160527-01a-10 20160527-01a-11

マイペンアルファはペン先のコードを本体につなげてから電源いれます。焼き付けしたい濃さに合わせてダイヤルで温度調整をします。

20160527-01a-12 20160527-01a-13 20160527-01a-14

4赤いランプが点灯したら、輪郭から焼付けを始めます。ペン先を板の上にそっと置き、焦げだしたらペン先を動かします。筆を持つ要領でペン先に力を加えず、慎重にゆっくり焼いてください。

20160527-01a-15 20160527-01a-16 20160527-01a-17

5原画(絵や写真)を見ながら濃淡をつけましょう。マイペンアルファは温度調節ダイヤルで調整できますが、マイペンは温度調整機能がないので描くときのスピードで濃淡をつけます。描き終えたら水を湿らせたスポンジなどで、チャコペーパーの写した線をふき取ります

20160527-01a-18 20160527-01a-19 20160527-01a-20

完成です!

20160527-01a-31

マイペンのペン先の種類

・0.5mm幅の極細。基本的線描や繊細な点描を描くのに適しています。(T21-B05)

20160527-01a-21

・1mm幅の線が描けます。点描、線描を描くのに適しています。マイペン本体に付属しています。(T21-B1)

20160527-01a-22

・1.5mm幅の線が描けます。線描、点描、ローリングにも使えます。(T21-B15)

20160527-01a-23

・2mm幅の太い線が描けます。線の強弱をつけることで、毛筆のようなタッチを描くことができます。ローリングにも最適で、色々と応用のできるペン先です。(T21-B2)

20160527-01a-24

・平たいペンの先端を使って、幅広い線を描くことができます。長い線は力の入れ具合を一定にすることが難しいので、帯状のムラができますが、側面を使うと、長い線を描くこともできます。(T21-D45)

20160527-01a-25

マイペンは2種類。マイペンとマイペンアルファの違い

20160527-01a-27
20160527-01a-28

ハッコーマイペン(FD200-01)

3,431(税込)

電源スイッチのみで温度調整機能がありません。焦げ目の濃淡は描くときのスピードなどで調整するので、初めてウッドバーニングに挑戦する方や簡単な加工がしたい場合におすすめです。

20160527-01a-29

ハッコーマイペン アルファ(FD210-01)

9,284(税込)

細かな陰影をつけて奥行きある絵や、動物などの形の木に毛並を書いて本物そっくりに作りあげるカービングアートを描きたいなら、ペン先の温度を変更できる「マイペン アルファ」がおすすめです。9,300円ほどで購入できます。

フォトフレームなどの小物から家具にまで、オリジナルの模様が付けることができます。ウッドバーニングをやり始めると夢中になって、あっという間に時間が過ぎますよ。木の小物から始めてみましょう!

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング