2017年03月30日更新

ラブリコやディアウォールに必要な2×4材ってどうやって買うの?

賃貸でもDIYを楽しめると話題のラブリコやディアウォール。でも、柱となる2×4材という木材が必要なのですが、どこでどうやって手に入れればいいのか分からない、という声をよく聞きます。そんな方に向けて調達方法をご紹介します♪

DIYerの間で話題のラブリコやディアウォール。私、DIY FACTORY COLUMN編集長ズッキーも、もちろん愛用中です。自宅に遊びに来る友人たちも「これすごい、やってみたい!」と言ってくれます。しかし、みんな口をそろえて「木の調達が大変そう…どこでどうやって買えばいいの?」と言います。

LABRICO(ラブリコ)さん(@labrico_heianshindo)がシェアした投稿

柱や棚板になっている木材は2×4材(ツーバイフォー材)といって、DIYでよく使用する柔らかい木材です。2×4という決まったサイズで、どこのホームセンターの資材コーナーでも購入できます。

ということで今回は「2×4材をどうやって買うのか分からない。どうやって持って帰ればいいの?」という疑問にお答えすべく、私ズッキーがホームセンターのカインズさんに行ってきました♪

関連リンク
お手軽でバツグンの安定性! 2×4材用の”つっぱりDIYパーツ”

関連リンク
つっぱる力で柱を安定!話題のラブリコに新色マットブラック登場。

カインズホームにやってきました!

撮影協力
カインズホーム東大阪店

まずは「資材館」に向かいましょう!

2×4材発見!

日本の住宅の天井高は2.4mくらいになっていることが多いので、8フィート(2.4mちょっとくらいの長さ)以上の2×4材から選ぶといいです。こんな感じで、立てて置いていることが多いです。

6フィートくらいの少し短めの2×4材なら、近くにこうして平積みにされていることがあります。棚板などに使うときはお見逃しなく!

反りや欠けのない2×4材を選定

選定は慎重に。汚れや欠け、反りがないか、上から下まで表も裏もしつこく確認しましょう!

好みの節や、まっすぐで真っ白な2×4材が見つかるとテンションあがっちゃいます♪

カートに積んでレジへGO!

木材売り場付近に大きなカートが置かれているはずなので、2×4材を積んでレジへ向かいます。

まずはお会計。そのときに「木材カットお願いします」と言えば、必要なサイズを聞かれるので伝えます。

ラブリコなら天井高からマイナス95mm、ディアウォールならマイナス45mmの長さで計算しておきましょう。

レジのすぐ近くにある木材カットコーナーで、店員さんがカットしてくれます。

まるで、かまぼこのように綺麗な切り口です!

カット完了!カインズホームは1カット50円なので、実際にカットした分の清算のため再度レジへ行ってお会計をしたら終わりです♪

車のレンタルサービスもあります!

持ち帰り用にトラックも借りることができます!
※店舗によっては取り扱っていない場合がございますので、事前にご確認ください。

ペーパードライバー歴7年、近所にホームセンターがないズッキーは、徒歩と電車で持ってかえります(笑)

本来、天井高の長さの2×4材を持って帰るには車がないと持ってかえれません。ところがジョイントがあれば短い2×4材を後から繋げることもできるので、天井高の半分ほどの長さにカットしてもらいました♪これなら手で持って帰ることもできなくはないです。ちょっと重いですけどね。

2×4材を繋げるジョイントの購入はこちら
LABRICO(ラブリコ)2×4ジョイント

他のホームセンターでもカットサービスやってます

今回はカインズホームで購入&カットしてもらいましたが、他のホームセンターでもカットしてもらえるので、事前に確認のうえ行ってみてくださいね。

※店舗によってカットサービスがないところもあります。また、木材の形状によってはカットが難しかったり持ち込み品の加工はお断りの場合もあるので、必ず確認しましょう!

オンラインショップでも購入できます

近所にホームセンターがない。車がない。自分で持って帰るのは無理!そんな人におすすめなのがオンラインショップ。指定のサイズにカットしてくれる使いやすい木材のオンラインショップをご紹介します♪

「ツーバイ」で検索するといろんなサイズが表示されます。38mm×89mmの2×4材の中から必要な長さを選びましょう♪

DIY木材センター

おすすめ木材オンラインショップ
DIY木材センター

木材通販のマルトク

おすすめ木材オンラインショップ
木材通販のマルトクショップ

ただ、オンラインショップは送料が高いのでホームセンターで買う方がかなり安いです。

2200mmの2×4材が1本必要な場合を例にします。

木材通販のマルトクショップだと
920円(2,420mmの2×4材)+80円(2,420mmを2,200mmにカット)+1,500円(2×4材1本あたりの大阪までの送料)=2,500円

一方、カインズホーム東大阪店で買うと
698円(2,420mmの2×4材)+50円(2,420mmを2,200mmにカット)=748円

なんと、その差は1,752円!

ホームセンターで買う方が断然安いですが、近所にホームセンターがないペーパードライバーさんには、手間や苦労を考えると決して高くはなく使いやすいサービスだと思います♪

電車と徒歩で持って帰るのは、けっこう大変なので(笑)

自分にあった購入方法で2×4材を手に入れましょう

安く手に入るホームセンターか、手間いらずで便利なオンラインショップ。ご自身の状況に合わせて2×4材を手に入れて、ラブリコやディアウォールでのDIYを楽しんでくださいね!以上、ズッキーでした♪

関連リンク
木材ってどこで買えばいい!? 購入先別のメリットまとめ

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング