2017年04月14日更新

壁を塗るときに必要な養生の方法と便利なコツ、やり方をまとめてご紹介!

ペンキなどを壁に塗る際に必ず必要になるのが、塗料を塗りたくない場所を保護する作業、養生です。今回はそんな養生の基本的なやり方と、知っておくと便利なコツをご紹介します。

バンデラス
バンデラス

養生に使うもの

養生とは必要でない場所に塗料が付かないよう、保護する工程のことですが、そのときに必要になるのが主に下記の3つ

マスキングテープ

塗料を塗りたくない部分を保護するためのテープ。接着力が弱いのでもろい素材でも傷つけずにはがすことができる。

関連リンク
マスキングテープ

マスカー

養生テープやガムテープに、折りたたまれたビニールシートがくっついたテープ。とても簡単に広範囲を保護できる便利アイテム。

関連リンク
マスカー

ハサミ

これがないと養生が始まらない。切れ味がいいと気分もいい。

この3つがあればとりあえず大丈夫です。それではそれぞれ使い方を見ていきましょう。

マスキングテープ使い方

塗料を塗る面と保護したい面の境目部分にマスキングテープを張ります。写真のように塗る面がざらざらしていて、保護する面がつるつるしているのなら、1~2ミリ保護する面のほうに引いて余裕を持たせておきます。こうすることで境目がくっきりきれいに浮き上がるのです。ちなみにこの手法を「逃げ」といいます。

その後、指でマスキングテープ全体をなぞるように押してください。これをしないとマスキングテープの隙間に塗料が入り込み、仕上がりが汚くなってしまいます。

マスカーの使い方

マスカーの使い方は、まず写真のようにある程度引っ張って。

マスキングテープと同じように、保護する面にくっつけて。

ビニール部分を引っ張って終わりです。広がったビニールは静電気の力で床や壁にくっついてくれます。

ちなみに写真のようにマスカーをマスキングテープの上から貼ることを「捨て貼り」といいます。こうすることでもろい素材でもマスカーを使うことができるのです。マスカーを直接貼りたいときは、保護面の素材がマスカーの接着力で傷つかないか確認してください。

広範囲の養生

床や壁などを広い範囲で保護したい場合、大きめのビニールシートがあれば問題ないですが、ないことも多いでしょう。そんなときは写真のように、マスカーの連結がおすすめです。もうひとつシートを買う必要なく、広い範囲を保護することができます。

窓の養生

窓を養生するときも、基本は床などと同じで保護する面にマスカーを張っていきます。ちなみに養生するとき右利きの人は右回り、左利きの人は左回りで行うと、両手をうまく使えるので試してみてください。

四隅は必ず重なるように張りましょう。指で押さえるのも忘れずに。

コンセントの養生

そのままでも養生できますが、コンセントカバーが外れるようなら外してしまいましょう。外し方をご説明します。濡れた手で行ったり、コードを傷つけたりしないように注意してください。

マイナスドライバーをカバーの隙間に差し込みます。上下左右全体的に少しずつやりましょう。一ヶ所から外そうとするとカバーが壊れます。

カバーを外すとこんな感じになるので、外枠のネジをプラスドライバーで外します。

外枠が外れたらマスキングテープなどで養生します。感電には十分気をつけてください。

しっかり養生してきれいな塗装を

養生は塗装の見映えを左右する重要な工程です。きっちりしっかり養生して、きれいな塗装をしましょう。

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング