2017年06月29日更新

[動画レシピ] 古材リメイク!足場板でヴィンテージ感のあるローテーブルをDIY

ユーズド感のあるテーブルって温もりがあっていいですよね。今回編集部では、とある古民家DIYの現場から足場板をもらってきたのでローテーブル作りにチャレンジしてみました。

バンデラス
バンデラス

DIY動画はこちら

材料と工具

今回使った材料はこちら

  • 足場板4枚
  • 2×4材3本
  • 角材2本
  • 合板一枚
  • アイアン足1セット(4本)
  • ダボ材8本
  • ビス適量

 

そして工具はこちら

  • クランプ2本
  • ドリルドライバー
  • 木工用ボンド
  • 差し金
  • 鉛筆

 

足場板をダボでつなげる。

4枚の足場板があるのでこれをダボ継ぎで一枚の板にし、ローテーブルの天板にします。

 

まずは足場板の側面を測って、真ん中に印をつけます。

 

そして印をつけたところに穴を開けます。

 

深く穴を掘り過ぎないように、ドリルビットにダボ材の半分のところで目印のマスキングテープを貼っておきましょう。

 

穴があいたら、ダボマーカーというツールを差し込みます。

 

そしてダボマーカーを挟むように、古材をぐいぐいと押しつけます。

 

そうするとこんな風にダボマーカーの跡がつきます。

 

そうしたらそれを目印にドリルで穴をあけましょう。

 

あとはボンドを足場板の側面と穴に入れて、ダボを差し込み

 

両側からギュギュっと押し込むだけです。

 

ボンドが乾くまでこのようにクランプで圧着するとがっちり接着できます。

 

そのようにしてすべての板をつなげると、天板となる一枚板の完成です。

 

脚部分を作る

次は脚部分を作りましょう。2×4材を3つ並べて上から合板を乗せます。

 

角っこにアイアンの脚を置き、ビスで留めます。

 

4つの角すべて同じようにしましょう。脚がついてテーブルっぽくなってきましたね。

 

ちなみに2×4では幅が足りなかったので、このように角材を補強にいれてあります。

 

もちろん真ん中の2×4材もビスで留めます。

 

脚部分と天板をくっつける

いよいよ最後の工程です。先ほど作った脚をひっくり返し、最初に作っておいた足場板の天板をのせましょう。

 

そして角っこから天板をビスで留めていきます。

 

全部のビスを留め終わったら完成です。おつかれさまでした。

 

意外と簡単古材DIY!

古材DIYは材料さえあれば簡単にできるものです。古材はDIYショップやネットショップ、運が良ければ近所の古民家などで入手できるので、気になったら探してみましょう。

関連リンク
絶対習得すべき!「ダボ継ぎ」でワンバイ材から天板を作る方法
木工ボンドの強度は付け方で変わる!DIYで覚えるべき木材接着方法

購入はこちら
光 家具用丸脚(1本) 黒 30×200mm

DIY動画はこちら

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap