2018年08月10日更新

椅子をDIY!高コスパ工具の「エボリューション」でおしゃれチェアを作ろう

自分で作ったものに囲まれる暮らし。世界のどこにもないものを作って、使っていくうちにそれが暮らしに馴染んでくる。DIYで家具を作ることは、そんな暮らしへの第一歩です。今回は家具の中から椅子のDIY方法をご紹介します。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部
 

簡単でおしゃれな椅子をDIY!

暮らしの中で使うものを自分で作るって素敵ですよね。自分で作ったテーブルでご飯を食べたり、本棚を作って本をしまったり。暮らしに使う家具はたくさんありますが、今回は簡単に作れる椅子のDIY方法をご紹介します。

 

今回作るのはスタンディグテーブルやカウンターのような高いテーブルで使用するハイスツール。足を置く場所も作ってあるので、座ってみると安定感があります。作り方さえ覚えれば高さは自由に調節できますよ。

 

椅子のDIY方法!材料一覧

OSB合板(厚さ11mm以上推奨)
・40cm×80cm
・40cm×90cm
・40cm×60cm
・30cm×40cm
・12cm×40cm

・長さ4cm以上のビス(スリムビス推奨)
・木工用ボンド

以上の材料で作っていきます。OSB合板は多くのホームセンターで取り扱っていますよ。サブロク板と呼ばれる、182cm×91cmの一枚板から切り出すことができます。サブロク板も一般的な規格なので入手はしやすいでしょう。カットはホームセンターでやってもらうのがおすすめです。

 

椅子をDIY!斜めカットの方法

まずは土台となる基本的な形を作りましょう。40cm×80cmの板と、40cm×90cmを並べて、そこに座面となる30cm×40cmの板を取り付けます。

 

しかしそれにはこの、椅子の前側にくる部分を斜めにカットしないといけません。そうしないとせっかく足置きをつくっても足が置きづらくなってしまいます。

 

エボリューション丸ノコで斜めカット!

そこで使うのがこちらの丸ノコ。今回はエボリューションという機種を使いました。

丸ノコの基本的な使い方はこちら

 

丸ノコには角度調節機能があるので、切断面に角度をつけることができるんです。今回設定したのは15度。このくらいが一番足を置きやすくなるんです。

 

角度調節ができたら木材をカットしましょう。40cm×90cmの端を少しだけ切りました。

 

カットした後の断面がこちら。比較してみるとななめに切れていることがよくわかりますね。

 

続けて12cm×40の板もカットします。こちらは座面のすぐ下に取り付ける構造材になる板です。ななめの下書き線を15度の角度で書いておくことをお忘れなく。

 

ツインカッターで板の真ん中を切り抜く!

次は足を置く部分を作りましょう。この椅子では板材をくり抜いて足置きにします。なので板に穴を開けなきゃいけないのですが、DIYでの大きな穴あけってなかなか大変なんですよね。

 

そこで活躍するのがこのエボリューションのツインカッター。なんと板材の真ん中から切れ込みを入れることができるんです!普通の丸ノコでは危ないので絶対できないんですよ!

ツインカッターの詳細はこちら

 

そのままくり抜くこともできなくはないですが、ツインカッターの切れ込みで角をきれいにカットするのは難しいので手前で止めておきました。ここからはノコギリなどで切っていきます。

 

こんな風に台形にカットします。この板が椅子に座った時に前の方にきて、穴に足をのせられるというわけです。

 

ネジと接着剤で組み立てる

材料を切り出したら組み立てていきましょう。まずはネジをうつ場所に下穴をあけます。

 

そして接着面には木工用接着剤を塗り、接着剤をつけながらネジを打っていきましょう。このように上から見てHの形に組み上げます。

組み上げる時は支えるのがちょっと難しいかもしれません。DIYに慣れていない人は接着剤が乾いてからネジを打っていくとやりやすいですよ。その場合はネジに接着剤を少しつけておくと、ネジ穴に入り込んで固まってくれるので椅子の強度が上がります。

 

そうしたら次は座面となる板の取り付けです。ここでもネジを打つ下穴をあけるのですが、こんな風に斜めにあけておきましょう

 

足置き側の板をエボリューションでカット

これで基本の形が出来上がりました。とはいえ足置き側は長めにしておいたのでだいぶ傾いていますね。カットして椅子の角度を調節します。

 

メジャーや差し金でちょうどいい長さを測り、足置き側の板をカットします。ここの部分をあらかじめ予測して切ってしまうとズレが出やすいので、あとから実際の長さで切った方がいいです。

 

最後の構造材を切り出す

そしていよいよ最後のカット。下の方につく構造材を作ります。椅子を横にねかせて40cm×60の板を置き、斜めの部分にペンを添わせて、実際の長さで下書きの線をつけます。

 

そして線にそって丸ノコで切っていきましょう。

 

切り出せたら先ほどと同じようにボンドとネジで接着します。これで椅子の基本形は完成です!お疲れ様でした!

 

DIYでシンプルな椅子が完成!

椅子としてはこれで完成ですが、このままでは味気ないので自分の好きなようにアレンジしてみましょう。ワックスを塗り込んで風合いをつけたり、中の空間に収納をつけてみたり、夢が広がりますね。

 

今回はアレンジとしてステンシルをしてみました。OSB合板は男っぽい雰囲気を持っているので、ステンシルがよく合うんです。

 

ステンシルした後の椅子がこちら。なかなか男前なルックスに仕上がったのではないでしょうか?

 

エボリューションってなに?

ここまで使ってきた丸ノコやツインカッターは「エボリューション」というシリーズ。約40年の歴史もつイギリスの電動工具シリーズで、フランスやアメリカでも大人気。日本のDIY好きにもおすすめです。

なぜおすすめかというと……?

・コスパ抜群!
同程度の性能の工具と比べてかなりお安く手に入ります。

・金属も木材も切れる!
万能切断のできる特殊な刃を使っており、アルミや鉄も刃の交換なしでカットできます。

・珍しい機能のアイテムもある!
今回使った木材の途中から切れるツインカッターや、テーブルソーに変形する卓上丸ノコなど、他にはない便利なアイテムも。

電動工具を購入される方はぜひチェックしてみてください!

他のエボリューションの記事を読む

 

コスパ抜群の電動工具で楽しくDIY!

テーブルや椅子など大きなものを作るのは難しそうですが、自分で使うものを自分で作るのはとっても楽しい体験です。自分のためにある世界に1つだけのアイテムをDIYで作ってみましょう。

 

今回使用した工具はこちら

エボリューション(evolution) フューリー1(万能切断丸ノコ)

アマゾンで購入
楽天で購入

エボリューション(evolution) FURY 万能切断ツインカッター

アマゾンで購入
楽天で購入

それ以外のエボリューションを探す
DIY FACTRY ONLINE SHOPへ

※この記事は大同通商株式会社との共同PR企画です。

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap