blank


2020年05月26日更新

カンナをかけたように美しい切り口! 本格派DIYにおすすめ。プロ仕様の折りたたみ大工鋸WOODBOY(ウッドボーイ)とは

のこぎりだけでも沢山の種類がありますが、木材を切る道具のため切りにくいや使いにくいのこぎりは出来れば避けたい。今回紹介するのこぎりは鋸刃のこだわりがあり切れ味がよく切り口がきれい、折りたたみ式のため腰袋に入れて持ち運びでき収納もしやすいといったDIYからプロまでにおすすめできる大工鋸「WOODBOY(ウッドボーイ)」です。

blank
アン
 

折りたたみ大工鋸「ウッドボーイ」とは

今までの一般的な大工鋸の直柄を折りたたみに式したことで、腰袋にいれたまま持ち運びでき、必要な時にすぐ作業できる大工鋸です。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

のこぎりの刃の目数が非常に細かくアサリ分けをしていないため、切り口は絹の切れ肌のように美しく、内装の仕上げ作業などに適しています。刃は9寸目・8寸目・導突目の3タイプありますが、どれもハンドルは同じなので替刃すべて適応。またハンドルはアルミを使用し、柄はゴムハンドルになっているので長時間使っても疲れません。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり 折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

折りたたみ大工鋸「ウッドボーイ」の6つの特長

カンナをかけたような美しい切り口

アサリがない大工鋸は世界初!刃の側面を鏡のように研磨することでカンナをかけたような美しさの切り口を実現。

 

(ウッドボーイでカットした場合の切り口)

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

(通常の横挽きのこぎりでカットした場合の切り口)

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

アサリの作り方が特殊

アサリとは、のこぎりを木材に切り込むと木材のすでに切断した部分とのこぎりが接触することで抵抗が増えて、刃先が材料に食い込まなくなるためのこぎりの刃を一枚ごとに左右に振り分けしていることです。そのアサリを作り出すには主に「アサリ分け」と「アサリ無し曲面研磨加工」の2つの方法があります。

 

「アサリ分け」

昔から使われているつくり方であり、研磨加工法が開発されるまで主流となっていました。下図のようにのこぎりの目の部分だけを外側に曲げてやることで、鋸身の厚みと切れ幅に差をつけて、のこぎりと木材を接触のを減らします。(切れ幅が鋸身の厚みの約1.3~1.6倍になるように刃先を開かせるのが一般的)

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

「アサリ無し曲面研磨加工」

アサリを分ける代わりに鋸身の側面を曲面に研磨する(削る)ことで、下図のように鋸身自体に厚みの変化をつけて鋸身の厚みと切れ幅に差をつけてアサリをつくっています。アサリ分けが無い刃は切り口に引っかき傷を付けません。そのため切り口はなめらかになり、雨水などで濡れても乾燥しやすいので腐りにくくなります。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

軽量&コンパクトで取り回し抜群

折りたたむことで刃の部分がカバーされるので安全に持ち運びができ、いつでも必要な時にサッと取り出して使えます。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり 折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

硬い木や木のフシを切っても開きにくい強靭な刃先

粘りのある鋼の表面部分だけを焼き入れすることで表面は固く、内面は粘りを保った折れにくい刃に仕上がります。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

長時間の作業でも疲れにくい持ち手

持ち手はノコギリの重さによる疲労を感じさせない軽量アルミ合金の素材で、汗をかいても手袋を装着していてもすべらないゴムハンドルです。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

引き刃と縦引き刃を兼ね備えた未来目の刃

未来目はアサリ分け無しタイプを採用したSilky(シルキー)オリジナルの未来目という特殊目立てを施してあるため、縦・横・斜め方向への切断がスムーズに行えるので、繊維の交わった枝の根本や一般木材、集成材、合板などがラクに切断できます。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり

目盛りの山を未来刃により切り離していくため、抵抗なく自然に食い込んでいきます。

 

調整が可能なのこ刃

刃の角度を二段階に変更できるので、床や壁スレスレの切断加工にも便利です。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり 折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

折折りたたみ大工鋸「ウッドボーイ」は幅広い木材カットが可能

薄板ベニヤや集成材の切断においてはその真価を発揮!薄い刃は精密な加工に最適で目安線に沿って正確に切断することができます。 さらに、薄い刃でありながら複雑に繊維の絡み合った集成材も驚くほど楽に切断できます。もちろん、切り口はまるで 「カンナをかけたんじゃないか?」と思うくらいに美しく仕上がります。

 

ベニヤや合板の切断、加工(切断加工おすすめ木材)

8寸目・9寸目のノコギリの場合はコンパネのカットも可能。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

無垢材や集成材の切断、加工(切断加工おすすめ木材)

SPF材、杉材、ヒノキ材などの無垢材やパイン集成材など木材

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

竹の切断、加工(切断加工おすすめ木材)

竹細工に使う硬い竹も切断が可能。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

折りたたみ大工鋸「ウッドボーイ」は用途別で選べる3タイプ

中仕上げ用(9寸目)

刃渡り240mm、目数17枚目、切幅0.76mm

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

仕上げ用(8寸目)

刃渡り240mm、目数22枚目、切幅0.76mm

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

超仕上げ用(導突目)

刃渡り240mm、目数32枚目、切幅0.76mm。導突目はダボ切りが可能です。

折りたたみ大工鋸 ウッドボーイ のこぎり  

折りたたみ大工鋸「ウッドボーイ」の使い方(動画)

   

商品紹介

blank
シルキー ウッドボーイ 8寸目 本体 240MM 380-24
created by Rinker
blank
シルキー ウッドボーイ 9寸目 本体 382-24
created by Rinker
blank
シルキー ウッドボーイ 導突目 本体 388-24
created by Rinker
blank
シルキー ウッドボーイ 8寸目 240mm 替刃 381-24
created by Rinker
blank
シルキー 383-24 ウッドボーイ 替刃 9寸目 240mm 38324
created by Rinker
blank
シルキー ウッドボーイ 導突目 240mm
created by Rinker
blank
ウッドボーイ ハンドル 880-51
created by Rinker
 
※この記事は株式会社ユーエム工業との共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント