2017年07月31日更新

木工仕上げにもう一手間。ダボ埋めの方法・作り方

木材同士をつなぎ合わせたり、棚受けとして設置したり、木材に空いた穴を塞ぐために使用するダボ。木工作業で最後にビス留めした部分をダボ埋めすると、仕上がりが綺麗になります。市販のものと、自作するものがありますが、今回は端材でダボを自作する方法と、基本のダボ埋めの仕方をご紹介します。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部
 

材料・備品

  • ダボ
  • ドリルドライバー
  • 埋木錐
  • ダボ切りのこ
  • 木工ボンド
  • 端材
 

1. ダボ埋め用に下穴をあけてビス留めをする

dabo001

ダボ埋めをする為には、ビス留めの際ダボが入る分だけ深めに下穴を空けておく必要があります。
皿取錐にドリルストッパーをつけて、ダボ埋めをするために深めに下穴を開けます。

 

2. ダボ作る

市販のダボを使ってダボ埋めをする場合は必要ありませんが、製作物の端材でダボを自作することで同じ種類の木材・木目のダボができるので、ビスの目隠しとしてダボ埋めする場合は、ビス留めした箇所が目立ちにくくなるのでオススメです。
インパクトドライバーを使うと衝撃でダボが折れてしまうので、ドリルドライバーを使用しましょう。

 

3. ダボを埋める

ダボが入りやすいように、ダボの折っていないほう(綺麗な面)のダボの先端を金づちで少し潰します。

 

ビス留めした穴には、ダボが抜けないようにボンドを少量流し込んでおきます。

  magazinerack020

木目の向きを揃え、ダボを金づちで叩いて動かなくなるまで入れこみます。はみ出たダボをダボ切りのこで切り落しましょう。この時、ライフソークラフト145がおすすめです!刃を片手で押し付けながら、はみ出た部分を切断します。

 

4. やすりがけと塗装をする

全て切り終えたら、ダボが目立たなくなるようにやすりかけをします。

 

最初に側面を塗装していなかった場合は全体を塗装し、塗装していた場合はダボの部分に塗装してダボ埋め完了です。

 

今回使用した道具はこちら

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

関連コラム記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap