2015年07月22日更新

どこまで知ってる?のこぎりの使い方・基礎知識

様々な電動工具が販売されている今日でも、木を切るならのこぎりをお使いになられる方もまだ多いのでは?のごぎりにも、刃の形や種類などで違いが有り、使い分けができます。今回は、のこぎりの各部位、使い方をご紹介します!

材料・備品

  • のこぎり

1. のこぎりの各部位

のこぎりで、基本的に知っておくといい部分の名称です。
持ち手の「柄」
柄からでている金属部分が「のこ身」
刃がある部分を「刃わたり」
刃渡りの根元を「元」先は「先」と呼ばれます。
saw001
のこぎりの刃は先端が左右交互に開いており、この開きを「あさり」と言います。
あさりがあることで、のこ身の厚みより切り幅が広くなり、材との間に隙間ができます。
なので、切断時の摩擦が軽減され、切断しやすくなります。
また、あさりがあることで切り屑が外に排出され、切断中にひっかかり詰まることを防ぎます。

また、全てののこぎりにあさりがあるわけではなく、
埋め木(ダボ)を切断する「ダボ切りのこ」と呼ばれるタイプは、あさりがありません。
のこ身より外に刃がないので、ダボなどの突起物を切断する際、材が傷つかずに済みます。
saw002

2. 両刃のこぎりの刃の違いについて

両刃ののこぎりは、左右で刃の形が違い、縦挽き用と横挽き用の刃があります。
繊維(木目)に沿って平行に切るときは縦挽きを、繊維(木目)に対して垂直に切るときは横挽きを使います。

刃が大きい方が縦挽き、細かい方が横挽きです。
saw003
DIYで木材を切る際は、木目に対して垂直に切ることが圧倒的に多いので、横挽きを使うことが多いです。
最近では縦横斜め挽きといって、どの方向にも切れるものもあります。

3. DIYで木材を切る際の、のこぎりの選び方

DIYで棚やスツールを作る場合、2×4などの乾燥木材を使用することが大半だと思われます。
その場合のこぎりは、材に対して刃渡りが2〜3倍の長さのものが最適です。

なおかつ、のこぎりの種類は替刃式がおすすめです。
替刃式だと、刃が欠けたり丸くなったりして切れ味が落ちても、刃を交換すればよいのでメンテナンスが不要で便利です。
替刃式のものは、衝撃焼き入れという刃の硬度を高める為の加工がされているものが大半を占めます。
saw004

メンテナンス

替刃式でない場合、切れ味が落ちたら目立てヤスリを使って、刃を研いでメンテナンスをしましょう。
替刃式の場合、衝撃焼き入れ加工により、刃が目立てヤスリよりも硬くなっているので、目立てができないものが多いです。
どうしても、という場合はダイヤモンドやすりを使用して刃の表面を削ります。

のこぎりの使い方

クランプがゴムなどで保護されていないものは、間に端材をかまして材に傷が付かないようにしましょう。
のこぎりはぎゅっと力を込めて持つのではなく、軽く柄のお尻の方を持ちます。
切るときの姿勢は、腰と目線が切断線の延長線上に来るようにします。

切り始めの位置を決めるために、右利きの場合は左手親指の爪を添えてのこぎりを安定させます。
位置が安定したら、指を離しのこぎりを軽く細かく動かして、のこぎりを挽く切り込みをいれてから
刃の先が安定してから全体を使って挽いていきます。
saw006

のこぎりがひっかかり、詰まる場合

早く切ろうと、無意識に力が入り過ぎると、木屑があさりから上手く排出されず、
それが詰まってひっかかり切れない場合が多いです。
力を抜いて刃の重みで切っていく感覚でいくと、スムーズに切れます。

また、体勢が斜めになっていると、のこぎりも斜めになり、真っ直ぐ引けず
のこ身と力の入り具合にズレが起き引っ掛かりがおきます。
どうしても真っ直ぐ切ることが難しい場合は、ソーガイドを活用することをオススメします。

ソーガイドを使用する

真っ直ぐ切るために使われるソーガイド。
ただ真っ直ぐ切るだけでなく、材に対して90度切り、45度切りが簡単にできるソーガイドも多くあります。
切り口も綺麗に切れるので、使用することをオススメします。
saw011

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング