2015年07月22日更新

磁石が引っ付く壁を作るなら!マグネット塗料の塗装のコツ

TVで度々取り上げられるようになった、マグネット(磁石)塗料。金属以外の素材にも塗装することで、磁石が付くようになるということでキッチンや子供部屋の壁に使われることもあるそうです。今回は、そんなちょっと特殊なマグネット塗料の塗り方をご紹介します。

材料・備品

  • マグネット塗料
  • 水性塗料
  • ローラー

1. マグネット塗料を塗る

木材やアクリル板、壁など、磁石がつかないような素材に塗装します。 マグネット塗料は、金属の微粒子を含んでいるので、その微粒子が金属の代わりになって磁石がつくようになります。
基本的には黒板塗料の下地用として使われることが多いです。
paint005
ポイントとしては、磁石が反応するように、何度か厚めに塗ります。 メーカーや商品によって多少の変化はありますが、目安としては三度塗り程度重ね塗りしましょう。
paint006
磁力の差がでないように、ムラが出にくいローラーでの塗装をオススメします。

2. 水性塗料で上塗り

水性塗料であれば、乾燥してから上から塗っても大丈夫です。
マグネット塗料は、そのままだと塗装面がザラついており、濃いグレーをしています。
そのまま無骨な雰囲気をあえて使う方以外は、磨り減りを軽減させるためにも、上塗りしましょう。
好きに絵や柄を描いてもおしゃれになります。
paint008
通常の水性塗料を塗れば磁石の引っ付く壁や板が、黒板塗料を塗れば、磁石が引っ付く黒板が出来上がります。
paint013

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング