2015年10月14日更新

寸法や距離、まだコンベックスやメジャーで測ってる?レーザー距離計入門

カーテンや家具等のインテリアの購入や模様替え、もしくはDIYする前に"寸法を測る作業"は必須である。ただ、一人で正確に測ることや巻尺以上の長い距離の計測は実際難しい。取り付けるために正確に測る、そんなDIYの必需品となるレーザー距離計を学んでみよう!

レーザー距離計とは?

レーザー光線を使って対象物との距離を瞬時に測る機器のこと。距離測定、壁や部屋の面製や体積、ピタゴラス測定や特殊な測定など高機能製品であるため、建設現場でも良く使用される道具ではあるが、DIYerには手が出しにくい高価なツールだった。しかし、DIYの普及により最低限測定、コンパクト、5000円からの低価格といったレーザー距離計が登場している。

20151014-02

レーザー距離計の魅力

・巻尺では測れない寸法も瞬時に測れる。
・長い距離は2人ではなく1人で簡単に測定できるようになる。
・測定する端から端まで動く手間がなくなる。

20151014-03

操作方法

基本的に、対象物に向けてボタンを押すだけで測定したデータがデジタル表示される。ただこれだけだ。測定距離以外には2辺を測って面積を、3辺を測って体積や容積を測定の操作も簡単に出来る。

20151014-04

おすすめ2選

ボッシュ “GLM7000”

・最大測定距離70m
・現場仕様の軽量スリムボディ(横幅5.3mm、厚さ3.1cm、全長11.4cm、重さ140g)
・現場作業に耐える高い防塵・防滴性能、高い耐衝撃性能
・面積、体積・容積を測定でき2点間の距離を間接的に測定できるピタゴラス(変測定)機能を内蔵
・大型液晶ディスプレー
・単4アルカリ乾電池2本

20151014-05

ボッシュ “PLR15”

・最大計測距離15m
・世界最小・最軽量のコンパクトさ(横幅3.6cm、厚さ2.3cm、全長10cm、重さ80g)
・連続計測機能で二ヶ所を同時に測ることができ、縦・横の計測も一度に測って表示できる
・15mが最低限距離のため子供の身長から手軽に測定できるためDIY向けである
・前述のGLM7000よりも低価格
・単4アルカリ乾電池2本

20151014-06

これからは”測る”が楽しくなる

さまざまなシーンで”モノ”にこだわるDIYerにとってのツールの電機化は一つの道だ。”測る”を圧倒的に便利にするレーザー距離計はDIYライフスタイルをより手軽にしてくれる。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング