2017年02月28日更新

穴あけに失敗したら。誰でも簡単にできる対処法

DIYで家具などを作ろうと思った時、墨付けを失敗していらない場所に穴をあけてしまったことありませんか?今回はそんなときに誰でも簡単にできる対処法をご紹介します。

ズッキー
ズッキー

いらない所に穴をあけてしまった!

木割れ防止のために下穴をあけたのに、墨付けにミスがあって「あける場所を間違った!」なんていうことありますよね。いらない場所に穴があいたままでは仕上がりがちょっとかっこ悪い…。

こんな時に使える簡単な技をご紹介します。

木くずと木工用ボンドで埋める!

木くず、木工用ボンド、つまようじ、タオルというご自宅にあるものでできます。

1木工用ボンドと木くずを混ぜる

ボンド:木くず=1:2くらいの比率で混ぜます。するとダマになってきます。



2穴につめるだけ

針金やつまようじなどで、せっせと穴につめていきましょう!

6mm(左)と3mm(右)の穴それぞれを埋めてみました。

木工用ボンドで埋めると、こんな感じになります!埋めて乾いた後に水拭きして表面の汚れを落としましょう。

ただ、よく見るとちょっと凹んでしまっているし、ケバケバしていますね。

そんな時に便利なのがタイトボンド

かたまる早さと強力な接着力、硬化後にやすりがけができるほどの硬さが特徴のタイトボンドがおすすめ!ふつうの木工用ボンドだと乾いた後ぶよぶよするのですが、タイトボンドは早く硬くかたまるので、やすって平らに仕上げることができるんです。

関連リンク
強力な初期接着とスピーディに硬化するタイトボンド3選

タイトボンドの場合は、紙やすりを用意してください。木工用ボンド同様に1:2の割合でボンドと木くずを混ぜて穴に埋めていきます。

木工用ボンドと比べてねちゃねちゃしているので、はみ出たところが汚くなります。表面ではなく裏側から木くずを詰めていくと、表の仕上がりがきれいになりますよ。

タイトボンドが乾いたら紙やすりをあて、表面を平らにしていきましょう。こんな感じに仕上がります。

木工用ボンド(上)とタイトボンド(下)を混ぜた時を比較すると、上の方が木の質感があって節のような仕上がりに。下は粘土っぽい感じになりますね。

穴を埋めることで、このように塗装もできます。よーく見ると若干へこみはありますが…気にならない程度かと思います!

ただし、ステインやワックスなどの染み込ませるタイプのものだとボンドの膜があるため、うまく浸透せず、きれいに塗装できないかもしれないのでご注意ください。

before→after

before↑after↓

全然目立たなくなりました!

こんな方法もあります。

細かい木くずを埋めていくのは面倒!という方は、木の破片を差し込み、その間を木くずで埋めるという方法もおすすめです。

下穴を埋めて納得いく仕上がりに

ご自宅にあるもので簡単に穴を埋めることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いた人

ズッキー

ズッキー

DIY FACTORY COLUMN編集長&DIYアドバイザーのズッキーです。ちょっと不器用なところもあまりますが「DIYは誰でも楽しめる!」ということを伝えていきたいです。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap