2015年07月23日更新

木工入門第四弾!アレンジ∞ラダーシェルフ

お部屋のインテリアにも人気のラダーシェルフ。ボックス型の棚を作るとなると、少しハードルが高い気がしますがラダーシェルフなら少ない材料で、様々な場所や大きさにアレンジして作ることができます。今回のレシピは、無垢の木材で作るラダーシェルフです。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

材料・備品

  • SPF小割材(20X90X1000の木材)… 2本
  • 木工用ビス(38mm)

工具・道具

  • さしがね
  • インパクトドライバー
  • 皿取錐、埋木錐
  • サンドペーパー
  • ソーガイドFのこセット
  • トリマー
  • ブライワックス
  • スチールウール

1. 材料に墨付け、切断をする

材料の木材1本を等分し、脚の材となる500mmを2本作ります。
もう1本の材からは、棚板になる280mmを2本とります。
残った端材はダボ作りに使いますので、残しておきましょう。

このときまとめて墨付けしてから切ると、のこの刃の厚みで少しずつ寸法が短くなり、棚板の幅にズレがでてくるので
一度に墨付けしてしまわずに、端から墨付け→切断→墨付け→切断の順で行いましょう。

2. 角を切り落とす

ラダーシェルフを立てかける際の傾きを作っていきます。

脚の材の端の片方に90mmX40mmの三角形を、もう片方に40mmX90mmの三角形を作り墨付けします。
その斜辺と同じ角度になるようソーガイドFの角度を調整し切っていきます。
laddershelf019
形としてはすべて合同な三角形なので、ソーガイドの角度はそのままで4つ続けて切断していきます。
laddershelf002

3. 棚板の場所を決める

棚板をつけたい位置を、好みの場所に宛がい脚の木端に印をつけます。
laddershelf004
内側にはトリマーで溝切りする為の棚板の厚み分と、外側にはビス留めする為のセンター部分を測って
底の切り落とした角度と平行になるように線を引きます。
その際、切り落とした端材をガイド定規にすると、角度を測らなくても床と平行な線が引けますので使用しましょう。
laddershelf005
2本とも両面にそれぞれの線が引けたらOKです。
laddershelf006

4. 内側の溝切りをする

幅の線をつけた内側を、トリマーを使って溝を掘ります。
真っ直ぐトリマーを動かすために、簡易ガイドを設置します。
ダボを作るように残しておいた端材を、線と平行になるようにクランプで固定します。
laddershelf007
今回は12mmのストレートビットで、2回に分けて溝切りしました。
溝切りができたら、バリをとります。
laddershelf009 一緒にこれまでの切削面のバリもサンドペーパーで落としましょう。

5. ビス留めをする

ビスを打つ前に、一旦棚板をはめ込み組み立ててみて、
溝にきちんと棚板がおさまるか、脚にズレがないかを確認しましょう。
laddershelf011
問題なければ、皿取錐にドリルストッパーをつけて、ダボ埋めをするために深めに下穴を開けます。
位置は端から30mmのところです。
laddershelf010 問題がなければ、ビス留めをしていきます。
全て留め終ったら、えんぴつのあとを消しておきます。

6. ダボ埋めをする

埋木錐を使って、残しておいた端材でダボを作ります。
ビス留めした部分にダボを埋めていきます。
laddershelf20

6. 塗装する

ブライワックスを使って塗装します。
laddershelf21

全面塗装できたら完成です!! laddershelf018

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap