2019年02月22日更新

もう迷わない!フローリングワックスの種類や選び方とおすすめ商品4選!

今はフローリングがある家がとても多く、掃除やお手入れ用品もどんどん増えて進化していますね。その中で床をピカピカとツヤを出すフローリングワックスはとても面倒だし、どれを使えばわからないので後回しになっていませんか?今回、フローリングワックスの種類や選び方、手軽にできるおすすめ商品も紹介いたしますのでこの機会に床をピカピカにして素敵な家づくりをしましょう!

makit(メキット)編集部
makit(メキット)編集部

フローリングワックスのメリット

フローリングワックスはフローリングの床を保護する役目があるコーティング剤です。フローリング材の劣化を防止して長持ちさせるための保護だけではなく、傷や汚れを防いだり、すべり止め等の効果もあります。艶もでて見た目がとてもよくなるので、気持ちよく毎日を過ごせます。

 

フローリングワックスの種類

大きく分けて3種類あります。1つめがフローリングワックスと呼ばれる水性のワックス。 2つめが水性樹脂ワックスと呼ばれる樹脂系ワックス。3つめがハードコーティングと呼ばれるシリコンや油性ウレタン性のコーティング剤です。 ハードコーティングは汚れをつきにくくさせる効果が高く、耐久性も優れているが失敗時のやり直しが難しくなっています。 なのでDIYにはフローリングワックスがおすすめです。

 

ロウを主成分とする水性ワックス。塗った後、空拭きすることにより自然な光沢が出ます。後述する水性樹脂ワックスに比べて耐久性や滑り止めの機能が弱いので、頻繁に塗りなおす必要があります。このあたりの特徴は、蜜蝋やブライワックスの性質と同じです。床洗浄剤で簡単に剥がすことができるので、手軽にワックスがけできます。水性ワックスには使用できないフローリングがあるので、ご使用前に確認が必要です。

 

樹脂系ワックス

「ウレタン樹脂」や「アクリル樹脂」などが主成分のため、水性樹脂ワックスを塗った面は非常に光沢があり高い耐久性があります。さらに滑り止めの効果も高く、摩耗性も優れています。いわゆるフローリングのワックスとして、よく認知されているのはこちらのタイプです。ただ、ワックスの塗布前には古いワックスを剥離する作業、ワックスの塗布自体にも技術が必要とされるため、施工が難しいと言われています。樹脂ワックスを剥がすためには専用の剥離剤も要ります。無垢材のフローリングには使用できません。

 

油性ワックス

10年以上の高耐久性を誇り、塗膜が厚くて硬いため摩耗に強く、耐薬品性にも優れています。 光沢と艶がかなり出るため、汚れが落としやすく掃除が簡単です。塗り直しは前提としていないので剥離が困難で一度施工してしまうと完全に撤去できません。塗装されていない無垢材にのみ使用します。

 

フフローリングワックスを選ぶポイント

どのフローリングワックスを使うか悩んだ時や選ぶ時にぜひ参考にしてくださいね!

 

ワックスのタイプ別で選ぶ

フローリングワックスは大きく分けてシートタイプ、液体タイプ、スプレータイプの3種類があります。

シートタイプ

一番簡単で手軽の使えるのはシートタイプです。フローリングお掃除ワイパーにつけてワックスをかけられますが、コーティング力は低めです。

フローリングワックスシート

液体タイプ

液体タイプは多少の手間とコツは必要ですが、ある程度しっかりしたコーティング効果があるので、本格的にワックスをかけるなら液体タイプがおすすめです。

フローリングワックス液体

スプレータイプ

スプレータイプは全体にワックスをかけるのではなく、ツヤがなくなっている場所や剥がれている箇所に部分的にワックスをかけるときに使います。

 

床材に合うもので選ぶ

フローリングワックスによって使える床材、床材の種類によって適したワックスがあるので自宅の床の材質を確認が必要ですが、なかなか選ぶのが難しいです。こういう場合はどんな床材でも対応できる万能タイプを選ぶのがおすすめです。塗装されたフローリングや水回りの洗面所や台所などのビニール製の床などにも使えます。ただ、万能タイプでも使えない床材もあるので事前に確認してくださいね。

 

コーティング効果の持続期間で選ぶ

家具等を動かしてワックスがけするのは大掃除並みですので、できれば耐久性の強いワックスを選びたいですよね。年1回と思えばツヤが長持ちして傷などからの保護効果が1年以上あるワックスがおすすめです。ワックスをかけたばかりのきれいな状態を保つのであれば、年1~2回のメンテナンスが必要です。中には、2年ほど効果が持続する超耐久性のフローリングワックスもありますので、面倒なワックスがけを減らしたい方にはおすすめです。

 

フローリングワックスがけに適した時期や気候

ワックスがけは湿度の高い雨の日や気温の高い夏の日などは、乾燥に時間がかかったり、逆に早く乾燥しすぎたりします。なのでワックスがけは春か秋の晴れた日に行うのがおすすめです。夏や梅雨の時期は特に避けた方が無難かと思います。

 

家庭用おすすめフローリングワックス5選

201606-01a-21

レック 激落ちワックスシートフローリング用13枚入SS-050

サッと拭くだけ!かんたんツヤ出し!ワックスピカピカ!ウェットシートクロス布巾フローリングワイパー

 
201606-01a-21

アサヒペン 環境にやさしい超耐久フローリング用樹脂ワックス

約1年間床を守る/特殊樹脂でキズも復元。人と環境にやさしい超耐久フローリング用樹脂ワックス

 
201606-01a-21

リンレイ フローリング専用ワックス 4L

耐久約1年。様々なフローリングに最も適した性能を発揮するよう専用設計された樹脂ワックスです。塗り広げて乾かすだけで、フローリングのよさを引き出し、最適なツヤを出して床を保護します。

 
201606-01a-21

ラグロン フローリング専用樹脂ワックス

床暖房を施したフローリングに適しています。また、木質系床材から一般的なフローリングやニス塗り木床まで幅広く効果を発揮。素材への密着も良好で、短時間に硬化し床材をしっかりと保護します。

 

フローリングワックスで輝く床づくり

毎日過ごす場所のフローリングはいつもきれいであれば、お部屋全体が明るくなり気分がよいものです。ちょっと手間はかかりますが、定期的に続けることで家がもっと好きになり暮らしも心も豊かになりますね!

 

人気記事ランキング