2019年10月09日更新

壁DIY!白い壁から打ちっぱなしのコンクリート風に模様替え

塗るだけで本物のコンクリートのように表現できるタカラ塗料のコンクリートエフェクト塗料。実際のコンクリートをみて調色するなどこだわってつくっているため、だれでも簡単にリアルなコンクリート風の材質に変えれます。今回はコンクリートエフェクトを使って、白い壁をコンクリート風の壁へ変身させた様子と塗り方をご紹介します!

アン
アン
 

コンクリートDIYの塗料「コンクリートエフェクト」とは

塗るだけで打ちっぱなしのコンクリート風になる水性塗料です。本物のコンクリートと照らし合わせながら調色されている3色の塗料を塗り重ねてコンクリートの色味と模様が表現できるようになっています。木材はもちろん壁紙の上から塗れる仕様になっているので、あらゆるものをコンクリート風にできてインテリアの幅もぐっと広がります。匂いもほとんどありません。

関連リンク
とっても手軽!コンクリート風塗料でセメントみたいな額縁をDIY

コンクリート壁DIY 塗料  

塗れる素材

木材
壁紙(ビニールクロス、布クロス、壁紙など )
石膏ボード
金属(鉄、スチール、ステンレス、アルミ、亜鉛メッキなど)
プラスチック
外壁( サイディングボード、ガルバリウム鋼板、コンクリートなど)

※素材によっては下地に必要なプライマーが変わります。
※外壁に塗る場合は、UVカットクリアを仕上げとして上塗りすることをおすすめします。
※塗料の吸い込みやヤニ、アクなどを抑える場合はシーラー、金属部分(鉄、スチール、ステンレス、アルミ、亜鉛メッキなど)やプラスチック、焼付塗装面などツルツルとした面に塗る場合には、塗料の密着をよくする非鉄バインダーが必要です。
※プラスチックは種類によって付着しないものがあります(PE、PETなど)

 

コンクリート風壁のDIYビフォーアフター

今回は壁の一部分をコンクリート風に仕上げます。普通の白のビニール壁紙でそのままでも特に問題はないんですが、コンクリート風に仕上げた事で全体の雰囲気に締まりがでてメリハリのあるインテリアになりました!

ビフォー

コンクリート壁DIY ビフォー  

アフター

コンクリート壁DIY アフター  

コンクリート壁の塗装DIY方法

塗装に必要な材料

  • コンクリートエフェクトペイント(サラサラセット)
  • ローラー(スモール・短毛タイプ)
  • 刷毛(ナイロン性、多用途用)
  • 紙皿(2-3枚)
  • 手袋
  • スポンジ
  • ビニール袋
  • 霧吹き

コンクリート壁DIY  

1)塗装の下準備

天井、両側の壁、床、塗装する壁にコンセントや電気スイッチがある場合は、マスキングテープで養生します。隙間に塗料が入ってしまうことがあるのでマスキングテープはしっかり貼ります。スイッチパネルも忘れずに養生してくださいね。

コンクリート壁DIY  

塗る素材によって塗装前にプライマーを塗る必要があります。

 

(含浸シーラー)※水性
塗料の吸い込み、ヤニやアクなどを抑える時に必要。
含浸シーラーを塗った方がよい素材は、壁紙・石膏ボード・コンクリート・ベニヤ板・木部・モルタル・土壁・砂壁・ケイカル板

 

(非鉄バインダー)※油性
鉄やプラスチックなどツルツルとした面に塗る場合には塗料の密着を良くするために必要。
非鉄バインダーを塗ったほうがよい素材は、アルミ・亜鉛メッキ・アクリル板・ガラス・焼き付け塗装面・ABS・PP

 

グレイ(ベース)の塗料をしっかり撹拌する。割りばしや棒では混ざりきらないので、ものさしのようなものか刷毛でしっかりすくい混ぜる。

コンクリート壁DIY  

※新しい刷毛を使う場合は余分な毛やゴミを取る処理をおすすめします。

関連リンク
待って!新品の刷毛をそのまま使用してはダメ!

 

2)ベースを塗る

端や角などローラーでは塗れない場所を刷毛でこすり塗りしていきます。壁紙は凹凸があるのでしっかり埋め込みながら塗らないと乾燥後に塗り切れていない凹み部分が出てきてポツポツ白く残ることもあります。

コンクリート壁DIY コンクリート壁DIY

広い範囲はローラーで塗ります。ローラーに垂れない程度の塗料たっぷり染み込ませます。

コンクリート壁DIY

同じ面を何度も塗らないように横に塗り広げていきます。ローラーに染み込ませた塗料がなくなるまでしっかり塗り広げます。1度目塗りで透けていても2度塗りで均一な仕上がりになります。ベースを全体に塗り終わればしっかり乾燥させ、2度塗りします。(乾燥時間:約1~2時間)
※今回は1度塗り

コンクリート壁DIY  

3)コンクリート風の模様付け

ダークグレー、サンド、グレーを紙皿に移し5倍ぐらいの水で薄めます。重ね塗りする順番は「ダークグレー」→「サンド」→「グレー」です。

コンクリート壁DIY

模様付け塗装に使うのはビニール袋です。クシャクシャにして丸めたビニール袋を「ダークグレー」につけ、叩きつけるように壁に模様付けしていきます。ビニール袋の方が範囲が広く本物のような模様がつけられます。

コンクリート風塗装、模様付け

模様付けは均等に同じように塗らず部分的に濃淡をつけたりするとリアリティが出ます。濃くなりすぎたところは壁に霧吹きで水をかけ、ビニール袋でたたき塗りし伸ばしたり、全体の色バランス見ながら調整してください。

コンクリート風塗装、模様付け コンクリート風塗装、模様付け

狭い場所や小さいものに模様付けする場合はスポンジが使いやすいです。スポンジの4つ角を手でぎゅっと寄せ、丸みを作ってからポンポンします。

コンクリート壁DIY

同じ要領でサンド、グレー(ベース色)をビニール袋で塗り重ねていきます。

コンクリート壁DIY

コンクリート風模様付け1シーン

 

まとめ

思っている以上に簡単に早く壁塗装がおわりました。特に難しいテクニックが必要ではなく、こんな感じかな~と重ね塗りしたのにコンクリート風の壁になって驚きです。こだわった調色ができるタカラ塗料だからこそ、塗装初心者でも本物に近いコンクリート風の仕上がりになるのかなって思いました。コンクリートは重たいので、インテリアとして不向きな場所や家具雑貨などコンクリート風塗料で塗装すればもっと家づくりが楽しくなりますね!

商品の紹介

201606-01a-21

タカラ塗料 コンクリートエフェクトペイント打ちっぱなしコンクリート風な表現が出来る塗料

タカラ塗料 コンクリートエフェクトペイント打ちっぱなしコンクリート風な表現が出来る塗料
グレー200g
ダークグレー50g
サンド50g
※塗れる面積は石膏ボード1枚分

 

人気記事ランキング