2015年09月17日更新

カントリー風リメイクの鉄板!アンティークメディウムでアンティーク塗装

アンティークの製品には、時間を経た魅力があります。汚れても、傷がいったとしても、手放すことなく何度も何度も大切に手入れされ続けた道具にはその歴史の分だけ価値があると思います。でもその良さは、真新しい道具にとっては、今すぐに欲しいと思っても与えられないものです。エイジング加工の面白さはここにあります。まずは時間を短縮して、それから大切に長く使っていくのはいかがでしょうか。

makit(メキット)編集部
makit(メキット)編集部

アンティークメディウムとは?

ターナー色彩が発売する”ミルクペイントシリーズ”のアンティーク塗装向け製品です。”塗るだけでアンティークな風合いに”をキーワードにアンティーク塗装を考える、シャビー感好きのDIYer必見のアイテムです。

アンティークメディウムの塗り方

1.ガスパイプと金具に、経年変化を再現するために原液のままのアンティークメディウムをスポンジにつけて、ポンポンと叩くようにしてガス管に塗装していきます。

hangerrack001

2.均一に塗っていくのではなく、塗料がのった部分を、スポンジの綺麗な面で塗り広げると、さらに雰囲気が出ます。

hangerrack003

3.乾くとマットな感じになり、経年変化を再現できます。

hangerrack004

4.メディウムを塗ったままでは、使用しているうちに塗料が剥げたりするので ラッカースプレーのクリアーで保護するために、ガス管全体にまんべんなく吹きかけます。

hangerrack005

アンティークメディウムの価格

200ml、450ml、1.2Lの3種類あります。それぞれ実勢価格で、918円、1730円、3890円です。

ミルクペイントシリーズでアンティーク塗装を始めよう!

アンティークメディウムの他にも塗料にあえてひび割れを起こし、古さを演出する”クラッキングメディウム”やエイジング加工後の塗料の耐久性を向上させる”トップコートクリア”がミルクペイントから発売されています。ターナー色彩が誇るミルクペイントシリーズとともに、アンティーク加工の世界にどっぷり浸かってみましょう!

ターナー色彩 – ミルクペイント公式サイト

今回使用した道具はこちら

 

人気記事ランキング