2017年10月03日更新

木ネジを打ち込むときに下穴は必要?実は木材によって下穴不要な事もある!

DIYの定番、木工作業時に使用する木ネジ。木ネジの先端は尖っていてそのまま板材に打ち込めるようにも思えますが、打ち込んでみると木割れを起こしてしまいます。木割れを起こさないために下穴が必要といわれますが、この下穴は全ての板材に必要なのでしょうか?実は使用する板材によって違いがあるので、下穴のあけ方と共に紹介しましょう!

バンデラス
バンデラス
 

なぜ下穴が必要なの?

真っ直ぐネジを打つためと、ネジを打ち込んだ時に発生する木割れ(木が割れること)を防ぐためです。下穴をつけずにネジを打ち込むとネジが曲がって入ってしまったり、写真のように木が割れてしまったりします。

 

なぜ木割れするの?

無垢材のような木は合板や集成材とは違い、丸太からそのまま切り出した板材のため、一定方向に木目があります。下穴をあけずにネジをねじ込むことで、木目に負荷がかかり木割れが生じるのです。さけるチーズに竹串をさしたら繊維にそって穴が広がりますよね?そんなイメージです。

 

合板は下穴不要?

合板は、複数の薄い板を木目を変えて接着剤で貼り合わせているため、ネジをねじ込むぐらいでは簡単に木割れはしません。しかしそれでも際部分は別で、端っこ近くにネジを打ち込むなら下穴あけを推奨します。

 

下穴のあけ方3つ

主な下穴の開け方を3つ紹介します。

1.錐(キリ)を使って穴あけする場合

おすすめは三ツ目ギリで、錐のサイズは木ネジよりも少し細いくらいがベスト。あけ方は、真上から見て木材に垂直に錐を立て、木材に刃型つくように押し付ける。刃型がついたら柄の上部を両手の手のひらではさみ、キリを回しながら木材に押し付けていく。穴がずれないように最初はゆっくり、穴が安定したら強めに回し押していく。

 

2.ドリルビットを使って穴あけする場合

下穴のサイズは木ネジよりも少し細いくらい。長さは打ち込むネジと同じ長さか少し短いぐらいがベストです。長さがわかりづらいときは、ドリルビットにビニールテープやマスキングテープを巻いて目印をつけてから穴あけすればわかりやすくなります。下穴ドリルビットは100円SHOPやホームセンター等で販売されています。

 

3.皿ネジの場合は皿取錐ビットを使ってもよい

ドリルビットとは違い、木ネジの皿の部分まで下穴をあけてくれるビットであるため、木ネジを打ち込んだ時に木材と面一(つらいち)になるビットです。もちろん、もっと深く穴をあければ木ネジが隠れてダボ埋めもできます。

こちらが皿取錐ビットで深めにあけた穴です。穴の中に深くて細い穴があるのがわかりますでしょうか?

皿取錐ビットであけた穴にネジを入れた状態です。ネジはきっちり入っているのに木材の表面より深い場所で止まっていますね。この穴に木工ダボを打ち込めばネジを隠すことができます。

関連リンク
木工仕上げにもう一手間。ダボ埋めの方法・作り方

 

下穴は開けた方が無難

プロの職人や作業に慣れた人なら下穴をあけず施工しているため必ずあけなければいけない訳ではありません。しかし初心者や木割れを防ぎたい方には下穴をあけた方が賢明です。仕上がりのクオリティを求めるならあけておきましょう。

関連商品はこちら。
スターエム 皿取錐(普通鋼) 3×9mm 58S-3090
SK11 ショート下穴ドリルセット 3.0/4.0/5.0MM
角利産業 無印 三つ目キリ

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap