2016年06月05日更新

香取線香ホルダーの作り方|モルタルで作るDIYレシピ!

夏の風物詩でもある蚊取り線香。最近は使う方は少なくなりましたが、その効果や手軽さもあり根強い人気があります。ただ、付属している蚊取り線香の置台は味気がなくインテリアに合わない!と、いうことで作ってみました。今回はモルタルで作るシンプルな蚊取り線香ホルダーの作り方を紹介します。

所要時間70分
完成サイズ:幅12cm×奥行6cm×高さ2cm

材料・備品

超速硬60分モルタル・・・約500g
PPシート(ポリプロピレン板)・・・1枚
シリコンスプレー
針金

工具・道具

カッター
カッターマット
ものさし
ガムテープ
モルタルを練る缶
モルタルを混ぜる棒
ビニール手袋
ニッパー
ペンチ
サンドペーパー(細目)

20160605-01a-2

モルタルで作る蚊取り線香ホルダーの作り方

1PPシートに長方形の展開図を書きます。今回は幅12cm×奥行6cm×高さ3cmサイズの展開図を書き、折り込む部分は点線にします。寸法が入ったカッターマットを使えば便利ですよ!必要のない部分はカッターでカットし、折り込む部分に切込みを入れて反対側に折ってガムテープで組み立てます。

20160605-01a-3 20160605-01a-4 20160605-01a-5

2くぼみをつけるためにワンサイズ小さい長方形が必要となります。1cmの厚みにするので幅10cm×奥行6cm×高さ3cmの展開図を書き、先ほどの同様にカットし組み立てます。モルタルが剥がれやすいようにシリコンスプレーをまんべんなく吹き付けます。

20160605-01a-6 20160605-01a-7 20160605-01a-8

3モルタルを作ります。水の分量は購入したモルタルの説明沿って、しっかり練り合わせてください。モルタルを触ると手が荒れますので、ビニール手袋をはめてくださいね。

201605-01a1a 201605-01a2a 201605-01a3a

4練り合わせたらすぐにモルタルを型に流し込みます。高さ1cmぐらいまで流し込んだら、ワンサイズ小さい箱を丁度真ん中あたりに置いて石などの重しを乗せて固定します。

20160605-01a-9 20160605-01a-10 20160605-01a-11

5モルタルが固まるまでにワイヤーを15cmほどでカットして、先端は蚊取り線香が引っ掛けられるようにフックの形にしておきます。完成後に針金の形は調整できるのである程度の目安で大丈夫です。受け台の真ん中あたりに差し込んで動かなくなるのを待って手を放します。少し固まりかけていたら押し込んでくださいね。

20160605-01a-12 20160605-01a-13 20160605-01a-14

61時間後、モルタルが固まっている事が確認できたら型から外し、サンドペーパーできれいに整えます。

20160605-01a-15 20160605-01a-16 20160605-01a-17

7完成です!底が平らでしっかり角が出ている長方形の受け台ができました。

20160605-01a-20 20160605-01a-19

浴衣姿で夜風にあたり、蚊取り線香のにおいを感じる、そんな昔ながらの風情ある夏を過ごすのもいいですよ。

20160605-01a-21 20160605-01a-22

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング