2017年03月23日更新

簡単補修DIY!テープを巻くだけSenolo Fixテープのご紹介

壊れてしまったものを補修して使えるようにするのも立派なDIY。今回はぬるま湯につけて巻くだけの簡単補修テープ「Senolo Fixテープ」をご紹介します。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

補修も立派なDIY

何かを作るだけがDIYじゃない!

ということで今回は簡単に補修ができる「Senolo Fixテープ」をご紹介。

ちょうどタイミングよく(?)家で使っている掃除機のホース部分が割けてしまいました。。。
ビニールテープを巻いてごまかしていたのですが使うたびにはがれてきて掃除にならず。今回はこれを補修してみたいと思います!

「Senolo Fixテープ」ってどんな商品?

「Senolo Fixテープ」はぬるま湯につけたテープを壊れたところに巻くだけで簡単に補修ができるテープなんです。 海外の商品なのでパッケージは全て英語になっていますがちゃんと日本語マニュアルが付属しているのでご安心ください。

箱を開けると、


・テープ
・ゴム手袋
・固定用テープ
・日本語マニュアル

と必要なものがすべて揃っています。
あとは30度前後のぬるま湯とテープを浸すためのボールのようなもの、タオルを準備するだけです。

さっそく使ってみた

まずは袋から取り出したテープをぬるま湯に浸します。しっかり水分がいきわたるようにお湯の中で何度かもみもみします。

次にテープを巻く前に余分な水分をぎゅーっと絞ります。

そしていよいよホースの割けているところにテープを巻いていきます。一人が補修するものを持って、もう一人がテープを巻いていくというやり方がベストです。

テープは接着する成分が水と反応してベタベタしており、手袋をしていると少し巻きづらかったです。接着成分がホースの他の部分につかないようグルグルと巻いていきます。一度開封してしまうと固まってしまうので1本を使い切りましょう。ちなみに10分くらいで固まってしまうので素早く巻く必要があります。

最後に固定用のテープを巻いて15分ほど放置。

すると、、、

テープとは思えないくらいガッチガチに固まりました!ホースのようにフレキシブルに動くことはないですが一部分なら全く問題ありません。

粘着成分が他のところについてしまって取れなくなったのはご愛敬。

早速掃除機にホースを装着して使ってみたところ、ちゃんとゴミを吸ってくれました!!

捨てる前に補修にチャレンジ

ただ、このFIXテープの存在を知る前にスペアのホースを買ってしまっていたのです。。。ちなみにホースは5000円くらいしたのですがこのFIXテープは1000円弱で販売しています。その差約5倍。

他にも折れてしまったハンマーの柄や水漏れしている水道のパイプなどを補修することができるんです。壊れてしまったものを捨てる前に、「まずは補修して使う」という選択をオススメします!



SENOLOFIX リペア&グリップテープ

SENOLOFIX リペア&グリップテープ 5×130cm

994(税込)

●水に濡らして巻くだけで強力な補修能力を発揮。
●水に濡らしてから15分で使用可能。
●滑り止め効果が高くグリップとしても使用可能。
●対応:鉄・アルミ・銅等の金属、木、ガラス、ゴム、陶器、セラミック、プラスチック、PVC

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap