2017年05月19日更新

塗料からシートまで!黒板をDIYする方法を徹底紹介

ドアや壁一面にチョークで絵を描いたりカフェっぽい文字を書いたり、夢が広がる黒板DIYですが、その方法はいくつかあるんです。今回は自分で黒板を作るときの方法をご紹介します!

バンデラス
バンデラス

 

大人気の黒板塗料

塗るだけで黒板ができる大人気の塗料です。匂いや安全性に配慮された水性の塗料も充実しており、黒板DIYの王道といえます。それでは代表的な黒板塗料シリーズを2つご紹介します。

ターナー チョークボードペイント

豊富で可愛らしいカラーバリエーションが魅力の、ターナーチョークボードペイント。緑や黒などの定番の色から、ミルキーピンクやライトグリーンなどのふんわりした色まで揃えています。

購入
ターナー チョークボードペイント

タカラ塗料 チョークボードペイント

男前で渋い色合いの揃うタカラ塗料チョークボードペイント。重厚でくすんだ色合いが好きならこちらがおすすめです。

購入はこちら
タカラ塗料 チョークボードペイント

 

スプレータイプの黒板ペイント

スプレーで吹き付けるタイプの黒板塗料です。スプレーなのでムラなく平滑な仕上がりが簡単にできます。しかし液体タイプと比べると塗装面積のわりに価格がお高めです。ちなみに黒板塗料は2度塗りが定番なのですが、スプレータイプを上塗りだけに使って平滑に仕上げる裏技もあります。

購入はこちら
サンデーペイント 黒板用スプレー 緑 300ml

 

壁紙やシートタイプの黒板

壁紙や粘着シートの中には黒板としてつかうことができるものもあります。こちらは壁などに貼るだけでいいので、施工時に部屋が汚れにくいのが嬉しいですね。しかし面積と価格の割合だけで考えると、やはり塗料のほうが安く広い面積を塗れます。

購入はこちら
壁紙タイプ・シートタイプの黒板

 

マスキングテープの黒板

手軽なリメイクなどによく使われるマスキングシートには、なんと黒板として使えるものもあります。失敗してもすぐ剥がせるのも助かりますね。しかしこれらも貼れる面積でいうと液体塗料の方が上です。

購入はこちら
マスキングテープの黒板

 

結局どの方法がいいの?

以上が黒板DIYの方法です。それぞれ長所と短所があって選ぶのが難しいですね。簡単に選び方をまとめておきます。

  • お金を安く抑えたい      →液体タイプ(商品にもよるが黒が安い)
  • 小物を手軽に黒板に      →マスキングテープタイプ
  • 広い範囲を手軽に黒板に    →壁紙orシートタイプ
  • オブジェなど平面以外を黒板に →液体orスプレータイプ
  • マスキングで模様をつけたい  →液体orスプレータイプ
  • 価格は気にしないから早くしたい→スプレータイプ

というところです。黒板DIYの参考にしてみてください。

 

好きな方法で黒板DIY!

チョークボードをDIYする方法はたくさんありますが、なんだかんだ楽しんで作れるものが一番です。素敵なDIY作品をつくってくださいね!

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap