2017年05月30日更新

木材の反りを戻す方法と、変形しにくくする方法まとめ

木材がだんだん反ってきて困った!という経験はないですか?木は生き物なので形が変わるのは当たり前ですが、木材の変形はDIYの困りものです。今回は反った木の戻し方と、反らせないための工夫を紹介します!

バンデラス
バンデラス
 

なんで木材は反ってしまうの?

木は乾燥すると縮み、水分を含むと膨張します。そして板材には表と裏があり、木だった頃に皮側にあったほうが表、中心部の芯側にあったほうが裏です。

 

木は新しい部分ほど密度が低いので多くの水分を吸収することができ、逆に乾燥するときは大量の水分を失います。そのため木表は木裏よりも膨張・収縮しやすくなるのです。

 

反った板材の多くは木表側に反っています。なぜなら木表は木裏より元から含んでいた水分が多いせいで、乾燥して縮む力が強くなってしまうからです。十分に乾燥させた後にカンナなどで成形すれば反りはなくなりますが、その木材が濡れたりすると、こんどは逆に膨張する力の差で木裏側に反ってしまいます。

 

反った木材への対処法

それでは実際に反ってしまった木材を平面にする方法を紹介しましょう。これらの方法である程度は形を整えることができます。

 

1片面を濡らしてから角材を取り付ける

反りを直して固定する方法です。刷毛などを使い、片面だけを濡らします。1時間ほど置いておくと濡らした面が膨張して一時的に板材は元どおりになるでしょう。

 

その形のうちに角材などをネジやホゾ組みで取り付け、固定します。

 

2クランプなどで一定期間固定する。

クランプなどを使って板材を固定し、そのまま置いておく方法です。完全に平面にはなりませんがある程度反りを直すことができます。

 

3カンナやサンダーで削る

最後に、ある意味一番確実な方法の紹介です。カンナやサンダーでいらない部分をトリミングし、まっすぐな木材を削り出しましょう。一回り小さくなってしまいますが、少なくとも乾燥によって反ることはもうありません。

 

反りにくい木材は?

そもそも反りが起きにくい木材を使えばいいのでは?ということで解説しましょう。一般的な木材で反りが起きにくいのは集成材です。小さな木材の集合体であるため、いろいろな方向に力が加わり、一方向には曲がりにくくなっているのです。

 

反りを防止する方法は?

反りをできるだけ少なくする方法は塗装、もしくは補強です。反りは水分の吸収や乾燥によって起きるので、塗装によってそれを防げば一定の効果が得られます。板材の裏に補強をすることも有効です。

 

反りに負けずにDIY!

木材全般、特に無垢材は多少なり反ってしまうものと考えましょう。しかし知恵と工夫で反りはある程度対処できるのです。手持ちの木材が反って困ったらこの記事を思い出してみてください。

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap