2017年12月18日更新

投げ込みヒーターってなに?寒い季節に便利なツールをご紹介!

冬の心強い味方である投げ込みヒーター。大掃除や冬のアウトドアなど、寒い時期に役立つツールをご紹介します。

バンデラス
バンデラス
 

投げ込みヒーターってなに?

作業に適した暖かいお湯をキープしてくれる道具、それが投げ込みヒーターです。機能としてはシンプルですが、寒い冬には重宝するツールとなっています。

 

どんなことができるの?

投げ込みヒーターの機能をざっくりいうと「お湯沸かして常備できる」ということ。どんな場所でもコンセントさえあればお湯を沸かすことができる上、作業に適した熱々すぎない温度をキープしてくれるので、寒い時期のお掃除などには強い味方になることも。

 

どんな時に役立つの?

それでは投げ込みヒーターの、こんな時にあると便利というシーンを紹介していきます。

 

1雑巾がけのバケツに

掃除をするさい、廊下や階段などを雑巾掛けするとこもあると思います。冷え込む季節は水に濡らした雑巾を絞ることも大変ですよね。しかし投げ込みヒーターでバケツにお湯を貼っておけば冷水に手を浸す必要もありません。それに水よりお湯の方が汚れ落ちもきっといいはず。

 

2洗車にも便利

車の洗車にも投げ込みヒーターは便利。泥汚れなどもすぐに落とすことができます。コンセントさえあればいいので、庭先でも使えるのも嬉しいポイントですね。

 

3缶コーヒーなどを温める

アウトドアの遊びや、何かのイベント会場など、出先で一息つく時にもこのツールは重宝します。バケツに水と投げ込みヒーターと缶飲料を入れておけば、あとは放っておくだけで飲み頃のアツアツにしてくれますよ。甘酒やおしるこを温めても美味しそうですね。

 

bossTanigakiさん(@tokunoritanigaki)がシェアした投稿

こちらは別タイプの投げ込みヒーターですが、缶飲料やペットボトル飲料を温めるのに使われています。雪が積もるような寒い中でのこういった飲み物は本当に美味しそうですよね。

 

投げ込みヒーターの使い方

使い方はとても簡単です。バケツなどの容器に水を貼り、そこに金属部分をチャポンと入れて、ソケットをコンセントに差すだけ。あとは待っているとお湯が出来上がります。普通の容量のバケツなら冷水から30分ほどでお湯になるくらいですね。ちなみに金属部分が水から出ると「空焚き」の状態になって危険です。注意してください。

 

これからの季節に便利なアイテム

年末の大掃除やアウトドアなお出かけで活躍しそうなツール。投げ込みヒーターを使って冬の寒さを上手に乗り切りましょう。

購入はこちら
フジマック 投げ込みヒーター

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYアドバイザー資格を持っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap