blank


2020年05月20日更新

ソケットレンチってなに?DIYで活躍するボックス レンチの使い方と人気商品を紹介します。

ソケットレンチは、ソケットとハンドルなどから構成されており、ボルトやナットなどを締めたたり弛めたりする工具です。中でもボックスレンチは、ソケットとハンドルが一体となったレンチのことを言います。 今回はソケットレンチについての説明と、Amazonや楽天で購入出来るソケットレンチをご紹介します。

blank
ウォーリー

ソケットレンチとは?どんな時に使うの?

blank ソケットレンチは、ボルト・ナットの六角部分に装着するソケット部分と、そのソケットを差して回すハンドル部分とで構成された工具です。DIYはもちろん、家具の組立にも役に立つ工具です。ハンドルは金属製の棒を組み合わせたタイプや、ラチェット式ハンドルといわれるギヤが仕込まれているタイプがあります。

ソケットレンチの種類

blank ソケットレンチは大きく分けると3種類あります。 差し込み角の大きさが、「1/4インチ(6.35mm)」「3/8インチ(9.5mm)」「1/2インチ(12.7mm)」の3種類です。

1/4インチ

口径14mm以下のソケットに使われます。ネジ径は、M8以下の小さなネジに対応します。

3/8インチ

口径10mm~24mmのソケットに使われます。ネジ径は、M6~M16までの一般的サイズのネジに対応します。

1/2インチ

口径13mm~36mmのソケットに使われます。ネジ径は、M8~M24までの大きなネジに対応します。一般家庭では基本的には登場しません。

おススメのソケットレンチセット

藤原産業のスタンダードブランド「SK11」です。ユニバーサルジョイントのセットで、使いやすさも抜群です。 プラス・マイナス・トルクス・ヘックスのドライバービットまで付いたフルセットで、コスパの良い商品です。 とりあえず、ワンセット持っておこうという方向けのエントリーモデルです。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント