2015年10月06日更新

ジグザグや波型など木材の曲線加工、どんな道具を使う!?

木材加工する際にいつしか出会うのが曲線切り加工。電動道具から手動工具までの道具を大きく分けて紹介。

ジグソー

刃が上下に往復運動する電動式のこぎり ガイドなどに合わせてカットすれば直線切りもできる。
電動ドライバードリルで刃が入る穴をあけた箇所から切り始めると、切り抜き加工も可能。

電動丸のこに抵抗があるDIYerに人気道具。
ただ、刃の幅が広く、後述の電動糸のこ盤より小回りがきかないので細かい作業にはむいていない。

刃は木工用、金工用、樹脂用などがある。

20151001-02

電動糸のこ盤

台に固定された刃が上下に往復運動し、木材を動かしながら曲線切りをする。
DIY用電動糸のこは小回りがきくため木工クラフトでよく使用される

切り抜き加工は可能だが幅が広い木材の切り抜きは不可。

20151001-03

挽き廻しのこぎり

曲線を切るために作られたノコギリ。
普通のノコギリと違い曲線切断しやすいように刃が幅細く作られているため
切断能力は一般的なノコギリとは変わらず手軽に使える。

刃渡りが短い方が小回りが利く。

20151001-04

糸のこ

弓のような形状ののこぎり。刃の幅が細いので細かい曲線切りが可能。
通常、一方向にしか刃がついてないが、360度刃になっている糸のこのことをコッピングソーという。
糸のこや刃の種類によるが木材以外にもアルミ、発泡スチロール、プラスチックも切断可能で、
どの方向にも進めることができるため、コッピングソーの方が人気がある。

20151001-05

ホームセンターでの木材カットは直線のみのため、曲線切りはセルフで行うことが多い。

もしかするとまっすぐ切る道具よりも曲線切り道具の方がDIYerにとって必要なのかも知れない。

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング