blank


2020年06月05日更新

ルーターってなに?DIYで活躍するルーターの使い方と人気商品を紹介します。

ルーターとは、木材の面取り・ホゾつくり・溝切りなどを行う木工用の電動工具です。トリマーよりパワーがあるり加工スピードも表現幅も広がります。 今回はルーターについての説明と、Amazonや楽天で購入出来るルーターをご紹介します。

blank
ウォーリー

ルーターとは?どんな時に使うの?

blank ルーターとは、木材を加工する電動工具のことです。木材の面取り・ホゾつくり・溝切りなどを行うことができます。先端に付いたビットを変えることで様々な加工を施すことができるのです。トリマーも同じ事ができますが、トリマーのほうが回転数が早く、パワーが強いため加工スピードが速いです。

ルーターの選び方

blank

ルーターかトリマーか

小さな家具の装飾ならトリマーでも十分です。がトリマーは6mmのビットしか使えません。ルーターは6.35mm径、8mm径、12mm径、12.7mm径など大きなものも使えます。太い溝なども削り出すことができます。 ルーターのデメリットとしては重く、両手で扱う必要があります。使いこなせるようになるまでには、慣れの期間が必要です。初心者にとっては、まずはトリマーから使うほうが良いかもしれません。

プランジ式のルーターかリング式のルーターか

プランジ式のルーターは、左右に2本のスプリングが本体に備わっています。スプリングの反動で上下のスライドができます。加工しながら削る深さの調整が可能です。 リング式のルーターは、リングをメモリにして高さの調整を行います。高さが固定したままでの作業となります。正確な削りと、作業に安定感を発揮することができます。

ネットで人気のルーター(トリマー)を5つご紹介

プランジ式か、リング式か以外にも、回転数を変えれるタイプや、ビットの口径の対応の範囲などいくつかタイプがあります。ここではネットで人気のルーターをご紹介します。

BOSCH(ボッシュ)のハイパワートリマーです。3種類のガイドが標準装備されていて、正確な直線・曲線加工や面取り加工などが可能で便利です。

スケルトンカバーにより、刃先が見えて作業がしやすいです。ソフトスタートにより始動時の振動が少ないのも特徴です。

リョービ(RYOBI)の入門機です。切込みの深さを微調整できるネジ式です。

マキタ(Makita)のトリマーです。ソフトグリップで握りやすく、女性にもおすすめです。

   

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント