blank


2020年06月15日更新

奥が深い、サンドペーパー|DIYで活躍するサンドペーパーの種類と人気商品などのご紹介

サンドペーパーとは、紙やすりのことです。小学校の図工の時間などでも使われる、一般的なアイテムです。紙だけでなく、布製のサンドペーパーや耐水性のサンドペーパーなど種類は様々あります。木材だけでなく、金属などを削ったり磨いたりすることができます。 今回はサンドペーパーについての説明と、Amazonや楽天で購入出来るサンドペーパーをご紹介します。

blank
ウォーリー

サンドペーパーとは?どんな時に使うの?

blank サンドペーパーは、紙や布に研磨剤が接着されているものです。木材や金属を研磨する時に使います。金属の艶出しやサビ取りにも使えます。塗装する前にやすりがけをして、塗装の乗りをよくする時にも使えます。DIYでは欠かせないアイデムです。

サンドペーパーの主な用途

blank

荒材のバリ取り

一番よく使う場面です。木材の断面などバリ取りに利用します。#40~#100くらいの粒度のサンドペーパーが適しています。

面取り加工

木材の角を丸くする作業です。電動トリマーなど、大掛かりな処理をせず簡素に角を取りたいときに適しています。

塗装前の下地調整

塗装の乗りを良くするために、表面を荒らしておきます。#120~#400くらいの粒度のサンドペーパーが適してます。

塗装後の刷毛跡の処理や、重ね塗り前の下地調整

刷毛目の跡を取ったり重ね塗りをしていく際に利用します。#400~くらいの粒度のサンドペーパーが適してます。仕上げの際は#1000の粒度のサンドペーパーを利用しましょう。

金属汚れや薄いサビ取り

金属の汚れを取る際にも利用可能です。#1000以上の粒度のサンドペーパーを利用しましょう。

サンドペーパーの種類

サンドペーパーにはいくつか種類があります。ここでは代表的な4種類をご紹介します。

紙やすり

小学校の図工の時間にも使う一般的なやすりです。木材をやすりがけするのに使います。目詰まりもおこしやすく、耐久性がありません。

耐水ペーパー

水溶きができるタイプです。水で表面を流しながら作業ができるため、目詰まりを起こしにくいメリットがあります。トイレの掃除などでも利用可能です。

布やすり

耐久性があるため、金属の研磨にも利用できます。局面を磨くのにも便利です。

ポリネット

メッシュ状のやすりです。耐久性が高いやすりです。金属の研磨に利用します。両面使えるので持ちが長いです。

ネットで人気のサンドペーパーを5つご紹介

耐水ペーパーで、#400~#3000までのペーパーが各5枚ずつ入っているセットです。手に収まりやすいサイズで使い勝手が良い商品です。 #1500~#8000までの細かなペーパーがセットされている商品です。こちらも耐水ペーパーです。 がしがし使える紙やすりです。荒い作業でもOKの場合におすすめです。

超精密研磨が可能です。金属の仕上げ、爪磨きにも利用可能です。

スポンジやすりです。水洗いも可能で目詰まりしにくい商品です。局面も磨きやすいです。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント