blank


2020年06月04日更新

奥が深い、ペンチ|DIYで活躍するペンチの種類と人気商品などのご紹介

ペンチとは、ハサミのような形状で、刃がかみ合うように設計された握り工具です。グリップを握ったり緩めたりしてものを挟み込みます。刃の先端では挟む作業、根元では切る作業など、刃の位置で様々な作業が行えます。類似工具でプライヤーと呼ばれるものもあり、ペンチでも用途に応じて種類が豊富。馴染み深いペンチも、実は奥が深いのです。 今回はペンチについての説明と、Amazonや楽天で購入出来るペンチをご紹介します。

blank
ウォーリー

ペンチとは?どんな時に使うの?

blank ペンチとは、誰もが知っている工具の一つ。曲げる、挟む、ねじる、引っ張る、切る、など様々な事ができる便利なアイテムです。ボルトやナットをしめたり、アクセサリーづくりのワイヤー加工などに役立ちます。 ペンチにはラジオペンチ・電工ペンチ・圧着ペンチ、プライヤーにはコンビネーションプライヤー・スナップ リング プライヤー・ウォーターポンププライヤーなど、それぞれに多くの種類があり、奥が深いです。それぞれ使い分けると、作業効率も上がりプロに一歩近づきます。

ペンチ、プライヤーの種類

blank ペンチとプライヤーは、似たような形をしていて、何かを掴む道具であるため、違いが判りずらいです。ここでは違いの説明や代表的な種類のご紹介をします。

ペンチとプライヤーの違い

ペンチとプライヤーの大きな違いは「開口範囲が狭いか広いか」と「針金などをカットするワイヤーカッター部分が狭いか広いか」の2になります。 プライヤーは、スライド構造になっているので開口範囲が広いです。ペンチでは持てないような太いものや厚いものを掴むことができます。 ペンチは、ワイヤーカット部分が大きく、針金を切ったり曲げたりする加工がやりやすいです。 大きく分類すると、プライヤーは掴む道具で、ペンチは加工する道具と分類できます。

ラジオペンチ

端が細くなっているのペンチです。細かい作業に最適です。針金を細かく曲げたり、小さな部品を掴んだりするのに最適です。

電工ペンチ

もっとも一般的なペンチです。太いケーブルも切断可能です。

コンビネーションプライヤー

硬いボルトやナットを掴んで回すことができる道具です。

ウォーターポンププライヤー

開口部が斜めに作られています。水道管に使うロックナットを回すために使用されます。

ネットで人気のペンチを5つご紹介

切れ味、耐久性、グリップ感が抜群のペンチです。 Amazonの口コミでの評判も良い商品です。非常に鋭い切れ味のカッター部分に定評があります。 Amazonベストセラー1位の商品です。高い切断力を誇ります。 非常に細かい作業まで行うことができるペンチです。 かわいいルックスの、コスパ重視のペンチです。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント