blank


2020年07月20日更新

DIYでセルフリフォームしよう!適した場所と魅力的なアイデア

「味気ないキッチンを華やかにしたい」「和室を洋室に変えたい」などのお悩みは、セルフリフォームで解決してみませんか?簡単なリフォームであれば、工具を使わなくても行えます。ご自宅を好きなように変身させたい方やコストをかけたくない方は、ぜひDIYでセルフリフォームに取り組んでみましょう。今回は、DIYリフォームのメリット・デメリットやDIYリフォームに適した場所、DIYリフォームのアイデアをご紹介します。

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

DIYリフォームのメリット・デメリット

DIYリフォームを始める前に、どういったメリット・デメリットがあるかを調べておきましょう。デメリットのほうが大きいと感じたら、プロに施工を依頼するのもひとつの手です。

メリット

DIYでリフォームするメリットは、何といっても費用を抑えられることです。材料や道具の購入費用以外には、ほとんどコストが発生しません。自分の部屋をリフォーム会社に見せずに済むのも魅力です。

ほかにも、DIYなら自分の思いどおりにリフォームを進められる利点があります。ご自分のこだわりたい部分に、好きなだけ集中することも可能です。

デメリット

DIYリフォームのデメリットは、プロが行うよりも仕上がりが劣る可能性がある点です。とくに難しい作業を必要とする箇所は、DIYでリフォームを行うデメリットが大きくなります。

また、DIYの場合は慣れない作業が多いため、時間がかかる可能性も高くなります。大掛かりなリフォームになると、かなりの時間を費やす必要があるでしょう。

DIYリフォームに適した場所

DIYリフォームをするなら、まずは簡単な場所から始めてみましょう。ここでは、DIYリフォームに適した場所をご紹介します。

壁のリフォームは作業がシンプルで、上手にDIYを行いやすいのが特徴です。壁紙のシートを貼るだけでもお部屋の印象が変わります。壁紙シートの種類にはのり付き、のりなしなどがありますが、DIY初心者はのり付きが扱いやすいでしょう。

漆喰や珪藻土などの自然素材を塗る方法もあります。ただし、塗り方により風合いが変わるため、慣れない方が使うとイメージ通りの仕上がりにならないかもしれません。DIY初心者の場合はシール壁紙を貼る、塗料で色を塗り替えるなどの方法がおすすめです。

床のDIYリフォームは難しく思えますが、現在は既存の床の上に設置できるアイテムが多数販売されているため、手軽にチャレンジできます。

例えばフロアタイルには、のり付きやシールタイプなど、簡易に使えるアイテムが数多く販売されています。色や柄が豊富なうえ、カッターで手軽にカットできるのが魅力です。畳の上に敷いて、和室をフローリングに変えることもできます。

同様に、クッションフロアにもDIYにぴったりの商品が多数登場しています。クッションフロアは耐水性とクッション性が高いため、水回りに適しています。キッチンや洗面所などのほか、食べ物をこぼしやすいリビングの床にもおすすめです。

天井

天井のDIYリフォームは、壁にシートを貼ったり、塗料を塗ったりするのと同じ要領で行えます。クロスを天井に貼り付ける場合は、壁に貼る手順と同様に行いましょう。

また、天井を塗装し、色を塗り替える方法もあります。ペンキなどの塗料をローラーで塗ると、広範囲をムラなく塗り替えやすいためおすすめです。

押入れ

押し入れには、さまざまなDIYリフォーム方法があります。ふすま紙を取り替えたり、マスキングテープを貼ったりするだけでもお部屋のイメージチェンジになるでしょう。

ふすまを外してオープン収納を作ったり、書斎を作ったりすることも可能です。ただし、押し入れには湿気がこもりやすいため、しっかりと対策を行いましょう。

キッチン

キッチンの壁や引き出し、棚の中などであれば、手軽にDIYリフォームができます。リメイクシートを壁に貼る、ディアウォールで収納棚を作るなどの方法なら、賃貸でも壁を傷つけずにリフォーム可能です。好きな柄のウォールステッカーを貼るだけでも雰囲気を変えられます。

浴室

タイルの張り替えのように難しい作業はプロの業者へ依頼したほうが良いですが、壁や床の簡単なリフォームであればDIYでも行えます。浴室用壁紙を壁全面に貼る、扉や壁にステッカーを貼る、突っ張り棒を使ってシャワーカーテンを吊り下げるなどで、お風呂場を好きなように変えてみましょう。

DIYリフォームの魅力的なアイデア

ご自宅のDIYリフォームに悩んだら、ぜひ魅力的な実例を参考にしてアイデアを探しましょう。ここからは、DIYリフォームに役立つアイデア集をご紹介します。

壁全体を塗り替えるDIYリフォームです。板張りの部分も白く塗ることで、明るく柔らかい雰囲気が生まれています。

壁の塗り替えをする際は、こちらの写真のように養生シートや新聞紙などで養生することが大切です。エアコンやコンセント部分なども丁寧に覆いましょう。

色味の違う床板を組み合わせて床をリフォームしています。木目を生かした床板は、ぬくもりのある印象です。赤系や青系などさまざまな色が混じっていますが、落ち着いたトーンでまとめられているため、部屋にしっくりとなじんでいます。

天井

100均のリメイクシートを天井に貼ってDIYリフォームしています。木目調のプリントが、天井をナチュラルなテイストに変身させています。こちらの例のようにシールタイプのリメイクシートを活用すれば、リフォームも簡単に進められるのがメリットです。

おしゃれなインテリアにぴったりのリメイクシートを天井に貼り付けています。100均のリメイクシートなら入手しやすく、費用も安く済むのが魅力です。サイズが大きすぎて貼りにくいと思ったときは、好きな大きさにカットしてから貼り付けましょう。

押入れ

明るい日光の差し込むお部屋に、押し入れをリフォームしたスペースが設けられています。ふすまが取り払われた押し入れの上段には小物などが並べられ、下段にはケースがきれいに収められています。広々とした空間が楽しめる素敵なリフォームです。

キッチン

壁に棚を取り付けたり、キッチンカウンターを置いたりして、カフェ風のキッチンを演出しています。キッチンカウンターは収納の目隠しになるため、ごちゃごちゃとした印象をなくせるのもポイント。おしゃれなキッチンなら料理も楽しく行えそうです。

浴室

可愛らしい猫脚の付いた浴槽を購入し、浴室に設置しています。お気に入りの浴槽に浸かれば、バスタイムもリラックスして過ごせそうです。

DIYでもリフォームしやすいのは、こちらの写真のような据え置き型のバスタブです。ご自宅の浴槽が埋め込み型の場合は無理にDIYせず、リフォーム業者へ頼みましょう。

便利なアイテムを駆使して手軽にDIYリフォームしよう

セルフリフォームに適したグッズを活用すれば、初心者でも簡単にDIYリフォームが可能です。現在はさまざまなアイテムがホームセンターで売られており、気軽に入手できるのもメリットです。ご紹介したアイデアも参考に、ぜひお住まいのDIYリフォームに挑戦してみましょう。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント