blank


2020年10月31日更新

おうちを快適空間にするためにリフォーム!よく聞くリノベーションとの違いは?

近年少子化晩婚化未婚化により注目を集めているリフォームやリノベーション。 それらの違いや具体的な内容、また人気の事例箇所をランキング形式にして紹介します!

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

1.リフォームとは?

リフォームとは「原状回復のための修繕営繕不具合箇所への部分的な対処」簡単に言うと古くなった建物を新築同様の状態に修繕・回復するという意味合いで用いられています。
古くなった壁紙の張り替えやキッチンや浴槽設備の変更などが例として挙げられるでしょう。つまり部屋の内装・設備の改装ということですね。 blank

2.最近よく聞くリノベーションとは?

リノベーションとは「機能、価値再生のための改修。その家で暮らし全体に対処した、包括的な改修」
こちらも簡単に言うと既存の住宅を住む人のライフスタイルや好みに合わせてつくり変え、新たな価値を与えるという意味合いで用いられています。
これらの例としては間取りの変更や耐震性を上げるための壁の補修などが挙げられます。つまり部屋の間取り変更をともなう大規模だと言えます。 blank

3.リフォームとリノベーションの違いは?

両者の違いはなんなのでしょうか。実は明確な違いはないそうです。
そんな中でもこれらの定義を踏まえ、一番の違いは原状回復であるか、付加価値を与えるかという点であると言えます。規模で言うとリフォームよりもリノベーションの方が大きく、それに伴って費用もリフォームのほうがリノベーションよりも低いです。それぞれ目的が異なるため一概に優劣をつけるのは難しくまた進め方も異なるためどちらが自身のニーズに合っているかの比較・検討して進めていきましょう。リフォームのメリットは費用が安く工期が短いこと、部分的な改修が可能なこと、デメリットは自由度が低いことや築年数によっては耐久性に不安があること、リノベーションのメリットは間取りの変更や配管等の設備交換が可能なことや耐震補強ができることデメリットは工事内容によって費用・工期が異なるため事前に修繕計画が立てにくいという両者のメリット・デメリットを踏まえて考えてみても良いですね。
次項以降ではリフォームの人気施工箇所をランキングで紹介!またリフォームの実例をいくつか紹介していきます。

4.リフォーム人気施工箇所ランキング!

1位 トイレ

blank トイレは日々お手入れをしても時間の経過とともに黄ばみ・黒ずみがどうしても目につく場所です。
また毎日何度も使う場所であることと、リフォームの施工箇所としては比較的手の出しやすい価格帯であるため1位にランクインしたと考えられます。
ウォシュレットなどの便座のみの交換や手すりの設置などの小規模なものからタンクレスのトイレに丸ごと交換するような大規模なものまで様々ですが価格相場は21万~50万円となっています。

2位 浴室

blank 浴室もトイレと同様に時間の経過による汚れの蓄積のほか、子供の自立などの家族構成の変化に合わせて検討を開始するひとが多いようです。
給湯器のみの交換や床・壁の交換などたくさんの工事のなかでもユニットバスの交換が人気が高いようです。価格相場は50万~149万円となっています。

3位 洗面所

blank 洗面所は顔を洗ったり、身だしなみを整えるところですが、浴室との隣接で脱衣場を兼任する家庭もあります。
入浴後そのままスキンケアをするのであれば収納の多い洗面台に交換したり、化粧台としてメイクをよくするのであれば採光を取り入れるなど、
それぞれの用途にあった機能を求めてリフォームを検討するひとが多いようです。価格相場は21万~49万円となっています。

4位 キッチン

blank キッチンは動線によって作業効率が段違いであるため特に主婦の方に人気の箇所です。
新築で家を建てられるひともデザインに特にこだわる部分ではないでしょうか。
アイランドキッチンや対面式キッチンなど様々なスタイルがあり、コンロや水栓の選択によって費用が大きく変わるため価格相場は50万~150万円までと幅広くなっています。
料理好きだと特に、配置を考えるだけでも楽しいためこのランキングの中でも一番ワクワクする箇所なのではないでしょうか。

5位 外壁

blank 日々雨風にさらされる外壁は経年劣化が早いのにも関わらず、ひび割れや塗装剥がれなど家全体の景観として目立ってしまう部分です。
またメンテナンスを怠ると雨漏りなどの不具合につながってしまうので定期的にリフォームしたほうがいい箇所でもあります。
価格相場は100万~200万円となっています。

こうしてみると水回りに人気が集中していることがわかりますね。
水回りは時間の経過による劣化が分かりやすいことや不便を感じやすいこと、どうしても毎日頻繁に利用するため不満が出やすいことが要因としてあるのでしょう。
ではここからは人気の施工箇所について上位から価格相場など詳しく見ていきましょう。

5.リフォーム実例を見てみよう!

リフォームの実例は「スピーディな対応」を強みとしている大東建設が運営する「ダイトーリフォーム」施工実績から見ていきたいと思います。

おしゃれと機能性を掛け合わせたトイレ空間

blank 白を基調とした清潔感の溢れる空間に赤いキャビネットを合わせることで印象的なおしゃれな仕上がりになっていますね。
それだけでなく掃除のしやすさや収納面も考慮されており機能性も十分です。価格は50万円で工期は3日間となっています。

白とグレーの配色で清潔感溢れる浴室

blank 白を基調にしたシステムバスで、床をグレーにしているため清潔感のなかにも落ち着きのある空間となっています。
シャワーのオンオフがレバーやハンドル式ではなくスイッチ式で楽そうですね。価格は100万円で工期は一週間となっています。

家族みんなが使いやすい収納たっぷり洗面化粧台

blank 大容量の収納ができるLIXILの「ピアラ」を採用することによりすっきりした印象になっています。
また薄ピンクと白の配色で脱衣所全体の雰囲気も明るくなっています。
パッと見ただけでもドライヤーからスキンケア用品までたくさん収納できそうなのがわかりますね。価格は55万円で工期は1日となっています。

空間を無駄なく利用!快適キッチン

blank ワークトップには使い慣れているステンレスを採用しています。従来のステンレスよりも傷のつきにくい加工がされているようです。
扉カラーを木目調にしたことにより全体が優しい雰囲気になっているのがわかりますね。
価格はキッチンだけでなく壁、床、収納棚もリフォームしているため300万円と相場より高くなっています。工期は2週間です。

グリーンの爽やかな色合いの外壁塗装

blank 強調しすぎないグリーンの塗装が屋根の色から浮くことなく家全体が明るく爽やかな印象になっています。
外の景観とマッチしてすごくおしゃれな外観ですね。価格は91万円で工期は10日間となっています。 次項では今回紹介したダイトーリフォームでのリフォーム依頼の流れもついでに説明させて頂きます。

6.ダイトーリフォーム依頼の流れ

【リフォームしたい内容について相談】

まずは雨漏りや外壁の修理などについて連絡。そうすると専門スタッフが現地に来てくれ、雨漏り状況や建物状況を調査してくれます。
調査後自宅の状態を分かりやすく説明してくれるため安心。

【見積書の提出】

調査した自宅の状況と自身の要望を踏まえて修繕プランを提示してくれ、その際に見積書を自宅に郵送してくれます。

【工事の打ち合わせ】

見積もり内容に納得できたら契約です。修繕工事をどのように進めていくかの具体的な打ち合わせもここから始まります。

【リフォーム開始】

打ち合わせを入念に行ったらついにリフォーム開始です。施工経験豊富な職人が責任をもって丁寧に作業を進めてくれます。
またダイトーリフォームはスピーディな対応を強みとしていると前述した通り、相談した当日に現地調査に来てくれるような体制をとっているようです。
現地調査後すぐに30分程度の応急処置の工事であれば無料でしてくれるということでとても親切な会社ですね。
突然の雨漏りに慌てたときも安心です。もう一つの強みである火災保険に関する専門知識やノウハウのある火災保険に精通したスタッフの常駐により保険の適用するためのアドバイスももらえます。
その上実際に火災保険を適用して工事を進める場合の面倒な手続きも全て請け負ってくれるのも嬉しいポイントです。

お問い合わせ

電話:0120-635-655 FAX:06-4804-5546
(受付時間/10:00~18:00 休日/土日祝)
下記のサイトからはメールでの問い合わせも可能です。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はリフォームに視点を当て、リフォームについて詳しく紹介させて頂きました。
リフォームは部屋の内装・設備の改装、リフォームとリノベーションの違いは原状回復であるか、付加価値を与えるかということがわかりましたね。

またリフォームはトイレが一番の人気施工箇所であることもわかりました。
筆者の自宅では洗面台をリフォームしたことで収納が増え使い勝手の良い空間となりました。
筆者の祖父母も浴室をリフォームしたそうですが、毎日掃除が楽になりお風呂自体に入ることまで楽しみになったそうです。

コロナウイルスの影響でステイホームが広がりおうち時間が増えたなかで、より快適な毎日を送るために皆さんもリフォームを検討してはいかがでしょうか。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント