blank


2021年07月05日更新

取り付けてくっつけるだけ!「すのこで傘立て」パーツを使って簡単に傘収納DIY

温かみがある木の傘立てが欲しいけど既製品では木材の傘立ては種類が少ないですよね。DIYしたいけど一からつくるのは難しいと思っている方におすすめしたい「すのこで傘立て」パーツ。名前の通り、すのこを2枚合わせて取り付けるだけで傘立てができます。今回は「すのこで傘立て」パーツを使って少し広めの傘立てレシピを紹介します。

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

傘収納DIYに使った「すのこで傘立て」

すのこと組み合わせて作る傘立てのパーツです。すのこの桟(さん)が18mm以上あるすのこが対象となります。
※桟=天板厚みを除いた脚の高さ
接合パーツは6枚と取り付けるためにビスがセットでカラーは白と黒の2色です。

blank
blank
アイワ金属 「すのこで傘立て」パーツ ホワイト 1組(6枚)入 AP-3009W
アイワ金属
blank
アイワ金属 「すのこで傘立て」パーツ ブラック 1組(6枚)入 AP-3009B
アイワ金属

すのこ傘収納のつくりかた

材料の準備

・「すのこで傘立て」パーツ
・桧すのこ(約630×600×32mm)・・・2枚
・桧すのこ脚パーツ(約20x39x630mm)・・・4本
・ドライバー
・木工ボンド

blank

つくり方手順

すのこ脚パーツ2本を「すのこで傘立て」を使ってくっつける。パーツ自体に中央がわかりやすいよう切り込みが入っているので切り込みに合わせて取り付けられます。

blank  

それを二つつくります。

blank  

すのこの両端にさっき作った板材を木工ボンドでくっつけます。

blank  

すのこを床に置いてくっつけると作業しやすいです。

blank  

もう片方のすのこも木工ボンドでくっつけたら完成です!

blank

傘立て収納の完成

木工ボンドが完全乾燥したら使えます。傘以外にフェイクグリーンも入れてみました!

blank  

玄関でも邪魔にならないスリムな傘立てが簡単にできました!しっかり自立しているので安心です。ひのきのきれいな木肌がおしゃれなので塗装はしておりませんが、お好みの色に塗装するのもいいですね!

blank

もっとスリムな傘収納の場合

今回はすのこの間にすのこ脚パーツを2本いれて収納部分が広めの傘収納をつくりましたが、すのこ2枚のみを合わせ「すのこで傘立て」パーツでくっつけてつくるこもできます。

 

今回作ったすのこ脚パーツ2枚

blank  

脚パーツをいれずすのこ同士で合わせた場合はもっと簡単に作れてスリムになります。

blank  

注意ポイント
その場合はすのこの桟(さん)が18mm以上ないと「すのこで傘立て」パーツを取り付けることはできません。 ※桟=天板厚みを除いた脚の高さ

blank

すのこ傘収納DIYで使ったすのこ

桧すのこ

木目が美しい「釘が見えない」裏打ち仕様、角も丸く加工されていますので見た目がとてもきれいなすのこです。

blank
国産桧 すのこ 約 630×600×32mm

桧すのこの脚パーツ

抜け節無がないきれな桧木材です。

blank
桧すのこ脚パーツ 20x39x630mm
 

※この記事は織田商事株式会社との共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント