blank


2021年11月12日更新

お手軽価格なのに本格仕様!木工用トリマーを使ってDIYにチャレンジ

少しDIYに慣れてくると、面の飾り加工や溝堀り加工ができるトリマーが欲しくなりますよね。トリマーを使えば手工具だけでは難しかった精度の高い加工も簡単綺麗に仕上げることができます。今回はお手軽価格ながらもビギナーからプロまでおすすめのE-valueのトリマーをおすすめします。

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

電動工具のトリマーって?

トリマーは先端に取り付けた専用のビット(刃物)が回転することによって木材を色々な形に加工することができる電動工具です。

blank

ルーターの先端ビットには様々な種類があり、溝を掘るためのビット、面を均一に削るビット、角を飾り加工するビット、組み合わせるジョイント部分を作るビットなどなど多岐にわたりますが、基本的にはルーターが一台あればビットを付け替えるだけで色々な加工ができるので、一台持って置くだけで加工の幅がグッと広がるおすすめの電動工具です。

blank

E-valueトリマー(EWT-450N)の特徴

E-valueって?

E-valueは金物の街、兵庫県三木市の老舗メーカー「藤原産業」のDIY向け工具シリーズです。歴史が長く、多くの作業工具や電動工具を作っている国内ブランドなので、信頼と安心感がありますね。特にE-valueは手頃な価格ながらも使いやすい商品が多く、DIYerにはおすすめのブランドです。

blank
blank
E-Value トリマー 450W EWT-450N
イーバリュー(E-Value)

どこでも握りやすいストレートボディ

E-valueのトリマーは細身のボディなので手が小さい方でもしっかりと握り込むことができ、安定した加工ができます。また本体からベースプレートまで突起物が少ない設計になっているので、どの方向でも握りやすい形状をしています。

blank

トリマーを使う際には本体の向きは一定ではなく、加工面が見やすい角度で削ったり、角部分では慎重に進めるために本体をゆっくり回して加工したりするので、どこでも握りやすいというのは使いやすいポイントの一つです。

削り深さの微調整

トリマー加工に必要なベースプレートからのビットの出具合調整は、ベースプレート上部のゴムローラーを回すことで微調整が可能です。

blank

誰でも手軽に親指でささっと微調整ができるので、削り深さを何度か試してみることも楽ですね。

ワンタッチでパチっと止まるベースロック機能

先述したように、トリマーの深さ調節はとても重要なポイントです。ベースプレートの高さは頻繁に調整する必要はあるけれど、加工中はしっかりと止まってくれないといけない。そんなパーツですが、E-valueのトリマーはワンタッチでしっかりとベースの固定ができ、取り外す時も直ぐに解除ができるので作業性抜群です。

blank blank

初期状態なら触ることはありませんが、側面のネジを調節すれば締め強さを調整することもできます。 ただしあまり自分でキツキツに設定してしまうと負荷がかかりすぎるので注意が必要です。

blank

保管に嬉しいハードケース入り

トリマーは付属パーツが多い工具なので、しっかりした収納箱がないとパーツがなくなってしまった!ということもよくあります。 スパナやガイドなんかはなくなりやすいです…。

blank

こちらのトリマーは付属パーツを含めハードケースに入った状態で販売されているので、付属パーツをなくす心配も少なく、収納にも持ち運びにもとても便利です。お手頃価格なのにハードケース付きというのはかなりのおすすめポイントです。

blank

安定したパワーと回転数

パワーの目安となる消費電力は「450W」回転数は「29000回転/分」とビギナーからプロまで満足に使用することができる性能です。 実際に削った感覚も安定した回転で木材をストレスなくサクサクと削ってくれたので、作業性に優れている機種ですね。

blank

コスパ最高のお手頃価格

E-valueのトリマーはホームセンターやネットショップで購入することができますが、トリマーの中でも比較的購入しやすい価格で販売されています。

blank
E-Value トリマー 450W EWT-450N
イーバリュー(E-Value)

しかし、流石E-valueシリーズ。本体と付属パーツは全体的にしっかりとした作りをしており、他の日本メーカーの物と比べても全く遜色はありませんでした。 ハードケース付きで後述の付属パーツも充実していてこの価格は他にはないのではないかと思うほどのコストパフォーマンスの高い商品です。

blank

トリマーの付属パーツと使い方

スパナ2本(大・小)

ビットを取り付けるために必要な工具です。 小さいスパナで本体部分の軸を固定し、大きいスパナで六角を締めることでビットをしっかりと固定することができます。

blank blank

6mmのストレートビット

一般的に使いやすいとされるストレートビットが一本初めから付属で入っています。 これが一本あれば溝加工や切り出し加工もできるので、初めはこの一本で色々な加工を練習してみるのもいいかもしれませんね。

blank

平行ガイド

平行ガイドを使えば手軽に正確な直線加工をすることができます。

blank

ビットから平行ガイドまでの距離を調整することで好きな位置に真っ直ぐの溝を加工することができます。

blank

平行ガイドの高さを調節すればベースプレートより短い位置の直線加工もすることができます。

blank

円切り加工

平行ガイドにある穴を利用しコンパスのように加工することで正確な円を切り出すことができます。

blank

平行ガイドの位置固定用穴から、ビットまでの距離を半径として調節します。

blank

平行ガイドの固定用穴から木材に向かって、回転できる程度の強さでネジを止めます。

blank

本体を浮かした状態で電源を入れて、回転が安定したらゆっくりと材料へ下ろし、半時計周りにトリマーを回して加工をします。

blank

正確な円切り加工は他の工具ではかなり難しい加工なので、トリマーを使いこなすことで作れるモノの精度がグッとアップしますね。

blank

テンプレートガイド

テンプレートガイドは元となる形をなぞるように加工することができ、同じ加工を繰り返したり、テンプレートに対して正確な加工をしたい時などに使用します。

blank

本体のベースプレートのネジを一度取り外し、プレートの間にテンプレートガイドを挟み込むように設置します。

blank

型取りたいテンプレートを加工したい材料の上に両面テープやクランプなどで固定します。

blank

テンプレートより深めにビット刃の出具合を調整したら、反時計回りにトリマーを動かし加工します。

blank blank

注意としてテンプレートガイドはビット刃よりも2mm程度外側を削る仕様なので、テンプレートのサイズは予めサイズを調整したモノを用意しましょう。

blank blank

ガイドに対してピッタリの加工をしたい場合は、ベアリング付きのビットを使用すればガイドと全く同じサイズに加工をすることができます。

blank

トリミングガイド

トリミングガイドを使用すればストレートビットで角面を正確に段差加工することができます。

blank blank

面取り量も調節ネジで簡単に調整することができるので、必要な寸法を調整して加工してみましょう。

blank blank blank

コロ付きルータービットを使用すればトリミングガイドを使用することなく、45度カットや曲面取りも手軽にすることができます。

blank

トリマーでつくるドアプレートにチャレンジ

付属の6mmビットを駆使してお部屋のドアプレートを作ってみました。

blank

ホームセンターでお馴染みの1×4材を適度な長さで用意します。

blank

今回はフリーハンドで文字切り抜きにチャレンジ! 文字を下書きしたら慎重に文字をなぞっていきます。

blank

ガタついた部分をヤスリで整えます。

blank

トリミングガイドで飾りの面取りをします。

blank

文字が目立つようにウエスにオイル塗料をつけて、浮き出た部分を塗装します。

blank

ヒートンを取り付けて麻紐を通せば完成!

blank

トリマーで丸型掛け鏡をDIY

100円均一などで丸型の鏡を買ってき、使いやすい丸い部分だけを取り外します。(鏡だけを取り出せる場合は鏡だけでもOK!)

blank blank

木材に鏡サイズより一周り大きいサイズの外側を円切りガイドで削り切り取ります。

blank blank

次に刃の出し具合を調整し、中心から大体鏡サイズと同じ程度のサイズを一周切り込みます。

blank

ベースプレートが安定するための土台を最後まで残すために、中心側から外側に向かって円型の溝を大きくしていきます。

blank blank

内側を均一に削り取れたら、好きな面取りビットを使って丸型の縁に飾り加工をします。

blank

革紐などを太鼓鋲で打ち付ければ完成! 丸型の可愛い鏡が出来上がりましたね。

blank blank

コスパ抜群のトリマーで楽しくDIY

いかがでしたか?トリマーは工夫次第で本当に幅広い加工ができる汎用性の高い電動工具です。 使い慣れればどんどん楽しくなってきて、ついついビットを買い揃えてしまうことも。 自由な発想で「作りたい!」をコスパ抜群のE-Valueトリマーで実現してみましょう!

blank
E-Value トリマー 450W EWT-450N
イーバリュー(E-Value)
blank
E-Value 超硬ルーター・トリマービットセット 10本入り ERB6-10R
イーバリュー(E-Value)

トリマー関連記事

セットだと楽しみが倍増!ルータービットで面取りと溝加工のこだわりDIYにチャレンジ!  

※この記事は株式会社との共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント