2015年07月21日更新

木工入門第二弾!アンティークなスパイスラック

今回は簡単で、一般のご家庭でも気軽に使いやすい木工DIYをご紹介します。切って、下穴をあけて、釘うちして、塗装する。の4工程だけ!重たいものをいれないスパイスラックだからこそ、多少ビスがずれたり、穴あけを失敗しても大丈夫です!

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

材料・備品

  • 側面用木材(406mm×90mm×12mm)…2枚
  • 棚板・背面用木材(90mm×240mm×12mm)…4枚
  • 棚前木板(45mm×240mm×12mm)…3枚
  • 釘 …22~25本

工具・道具

  • のこぎり
  • かなづち
  • ブライワックス
  • スチール・ウール
  • 木工用ボンド
  • サンドペーパー(#120、#240)

1. 材料の木材のささくれを、ヤスリがけする

材料の木材はすでにカットされたものの場合、やすりかけをして面や角を整えます。

カットされていない木材を用意された方は、お好みの高さ、幅になるようカットします。
今回製作したスパイスラックの展開図はこちら。
spice022
アンティークっぽさを出すために、あえてきっちり切り揃えられていない材を使用すると
味のあるラックになります。
spice01

2. 側面用木材の角を切り落す

側面にあたる二枚の材料の、上部の一つの角を3cm×3cmで切り落とします。
こちらはやすりで丸めたり、そのままにしておくなどお好みで変えてください。
spice02

3. 棚板と側面用板に下穴をあける

組み立ての準備に入ります。

棚板には棚前板を打ち付けるための下穴を、2~3つあけていきます。
板の幅からはみ出ない場所であれば、位置はきっちりし過ぎなくても問題ありません。

側面用板は棚を取り付けたい位置を決め、各箇所とと背面用の板の位置に下穴をあけます。
spice06

4. 棚板と棚前板を組み立てる

まずは棚板と棚前板をボンドで仮とめします。
ボンドは薄く均等になるように、紙や端材の真っ直ぐな面、または指で伸ばして余計なボンドは取り除きます。
spice04
端がずれると側面用板と組み合わせるときに隙間ができるので
ずれがないように接着します。
spice03
ある程度乾いたら、釘を打って組み立て、棚部分を3つ作ります。
spice05

5. 横板と棚部分も同じ様に組み立てる

棚部分ができたら、後は横板と組み合わせていきます。
ボンドで仮とめして、釘うちをします。
spice07 spice08 最後に強度を高めるための、背面板を一番上部の棚の位置と合わせて打ちつけて
スパイスラックの形ができました。
spice09

6. 全体に塗装する

本当は先に材料に塗装してからのほうがきれいに出来上がるのですが・・・・・・
すべての材料に全面塗装してしまうと、ボンドで仮とめする際に
接着がうまくできずに、ずれができることもあるので
先に塗装したい方は、その部分を避けるかマスキングで保護してから塗装してください。
spice020

塗装をし終わったら、完成です!
spice021

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング