2015年11月24日更新

アンティーク塗装の代名詞。ブライワックスの塗装方法

ブライワックスは無垢の木製品の仕上げやメンテナンスにつかわれる英国王室御用達の極めて優れた家具用ワックスだ。簡単に味があるアンティーク風に仕上がるので、DIYには欠かせない。そんなブライワックスの塗装の方法を紹介する。

材料・備品

  • ブライワックス
  • スチールウール
  • ウエス

1.材の下地処理をする

まず、塗装する木材は下地処理をしておこう。#180くらいの荒いヤスリから順に#240くらいの中目のヤスリで、汚れ・凸凹を整えて、表面を滑らかにする。ヤスって出た木屑は、固く絞った雑巾でふき取ろう。

laddershelf017

2.塗装下地をする

水性ステインで、下地を塗る。基本的には塗装したいブライワックスより薄めの色を使用しよう。専用のスポンジハケもあるが、使い古したTシャツの布やウエスを使用してもいい。

この下地は必ずしなくてはいけない訳ではなく、ステインが内部にまで浸透することで、更に深みのある色に仕上がるものなので状況に応じて飛ばしてもいい工程だ。

3.塗装する

ブライワックスは専用のスチールウールか、布にワックスを付けて木材にすり込むように伸ばして塗っていく。油性なので汚れが付くと落ちにくいため、ゴム手袋を装着して作業しよう。

ワックスの性質上、20度以上の気温で液化しますが、涼しい場所で保管すればまた固まる。液化した状態でも塗装には問題なく、むしろ塗装しやすくなるので気にせず使用しよう。

spice018

トルエンが入っているタイプのものは、臭いがキツイので換気は気をつけるべきポイント。塗装はお好みの色合いで止めたらOKですが、2度塗りすると綺麗に仕上がる。塗装前にわざと傷や凹みをつけたりすると、その隙間にワックスが入り込み使い込まれた雰囲気になる。ダボ埋めをする場合は、ダボ埋め後に塗装したほうが仕上がりがよい。

  • スチールウールを使って塗装する場合
  • スチールウールを使って木に擦り込むように塗ると、木が研磨されながらワックスがしみ込んでいくので、手触りと劣化もよくなる。

    スチールウールは一度折って、山になった方でワックスをすくい取り使用しよう。足側を使うとウールの繊維が木に引っかかって、すぐにもろもろになってしまう。

    spice019

  • ウエス(布)を使って塗装する場合
  • スチールウールでないと塗装できない訳ではなく、ウエスという布や着なくなったTシャツなどを使いやすい大きさに切って使っても問題ない。塗り方はスチールウールと同じように、材に擦り込むように塗っていく。

    4.塗装面を磨く

    ブライワックスを塗った後は、10分〜15分くらいで乾く。乾燥後は、綺麗で乾いたウエスやTシャツのハギレ、硬いスポンジ等で磨き上げると、表面にツヤが出る。布に色移りが無ければ、使用する際にも汚れないということなので、汚れの面も確認しよう。

    5.使用道具の処理

    塗装で使ったスチールウールやウエスなど、ブライワックスが付着したものをそのまま放置すると、自然発火する恐れがありますので、水に塗らして生ゴミとして処理すると安全だ。使った手袋を裏返しに外して、そこに使用したスチールウール等を詰め込み、水を入れて捨てると、手も汚れにくいのでオススメ。

    おすすめ記事

    DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

    「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
    「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

    そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

    1. 木材塗装の基本
    大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

    2. 電動工具の基本
    makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

    3. 木材加工の基本
    材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

    4. 溶接の基本
    アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

    基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

    DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
    DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

    人気記事ランキング