2015年07月22日更新

ガーデンベンチをDIY! ツーバイフォーを使った安価レシピ

今回は1×4材と2x4材を組み合わせて作る、ガーデンベンチの作り方です。木工の作業の基本。切る・ヤスリがけする・塗装する・下穴をあける・ビス留めする。この5つを基本でおさえておけば大丈夫!図面と木取り図も詳しく載せますので、これを見本にすれば材料をどれだけ用意すればいいのかも分かります。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

材料・備品

    1×4材(19×89×1820mmの木材)… 3本
    2×4材(38×89×1820mmの木材)… 7本
    シンプソン金具(リジットタイアングル)… 8個
    シンプソン用ビス
    木工用ビス(51mm)

工具・道具

    メジャー
    インパクトドライバー
    皿取錐、埋木錐
    クランプ
    丸のこ/のこぎり
    ブライワックス
    スチールウール

1. ラフ画、かんたんな図面を描く

今回は2x4材の接合に便利な「シンプソン金具」を利用した、ベンチ製作。
まずは作りたいベンチのラフ画~簡単な図面を書きます。
bench001
ベンチを構成する、2x4材は7本。
背もたれ部分は、1x4材を3本使い製作します。

2×4材の木取り

A:座板1200mmx5 B:前側の脚560mmx2
C:補強材460mmx2 D:座板支持材460mmx2
E:肘掛け530mmx2 F:後側の脚800mmx2
G:背もたれ支持材1140mmx2 H:補強材1005mmx1

1×4材の木取り

I:背もたれ450mmx10

今回製作した木取り図・ベンチの図面はこちら。
bench020 出典: YAHATA

2.木材をカットする

木材を図面・木取り図通りに線を引き、墨付け切断します。

大量の2x4材や1x4材を切断する際は、スライド丸のこがあると断面もまっすぐになり、作業が捗ります。
bench003

切断時にバリがでたらバリ取りしましょう。

3. 塗装する

材料をカットし、研磨が終わったらブライワックスで塗装します。
bench006

4. 組み立てる

材が用意できたら、後は要所要所に金具を使いながら、ビス留めして組み立てていくだけです。

1.前側の脚Bと後側の脚Fを座面支持材Dでつなぎます。
地面から322mmの位置にシンプソンビスを使ってリジットタイアングルを固定していきます。
リジットタイアングルは直角に交わる材をつなぎ合わせる役目があり、特に加重がかかる部分に使用しています。
bench007 bench008
2.座面支持材Dに座面A(5本)をビスで裏側から固定します。
取り付ける位置は座面Aの端は、30mm飛び出している状態です。
それぞれ木が接している部分に二カ所ずつビス留めします。
bench009 材料はしっかりとクランプで固定しましょう。
※この写真は表側。裏側(D)から、クランプを避けて二カ所ずつビス留めします。
bench010
3.補強材Cと補強材HをH型に組み合わせて、そのパーツを脚部分の地面から100mmの位置にビス留めします。
補強材Hは補強材Cの真ん中あたりに来るように補強材Cの端から215mmの位置で固定しましょう。
d それぞれ木が接している部分に二カ所ずつビス留めします。
bench011 bench012
4.背もたれ支持材Gのうち1本を後方の脚部分のの前側、地面から560mmの位置にビス留め。
もう1本の背もたれ支持材Gは最上部の後ろ側に、ビス留めします。
それぞれ木が接している部分に二カ所ずつビス留めします。
bench013 bench014
5.肘掛けEを背もたれ支持材Gと前側の脚Bの上にのせてビス留めします。
それぞれ木が接している部分に二カ所ずつビス留めします。
bench015 bench016
6.背もたれIを背もたれ支持材Gに寄りかからせて、それぞれ木が接している部分に二カ所ずつビス留めします。
bench017 bench018
背もたれが全て組み立て終えたら完成です!
bench021

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap