2015年07月23日更新

穴あけ・ネジ締めのプロ!ドリルドライバーの使い方・基礎知識

穴あけ・ネジ締めと、DIYには欠かせないドリルドライバー。インパクトドライバーに比べると威力は下がりますが、多彩な機能がついています。 今回は、ドリルドライバーの各部位、使い方をご紹介します。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

1. ドリルドライバーって何?

drilldriver001

穴あけ、ネジ締め(緩め)が効率よくできる電動工具です。 ドリルドライバーは回転のみの作業で、インパクトドライバーとは違い打撃が加わらないので、 デリケートな場所の穴あけ、ネジ締めに向いています。 大まかな種類として、DIY用とプロ用に分かれています。プロ用(右)はDIY用(左)に比べて耐久性が高くなっており、毎日使用したり、ハードな作業に向いています。

また、プロ用DIY用に関わらず、バッテリーの種類や耐久性も異なります。 ボルト数の高いものほどパワーが強く、その分重量も重くなります。

ご家庭でDIYをされる程度なら10.8V程度のものであれば充分です。 小さいネジを締めるときや、薄い板を接合する時に18Vなどのハイパワーのものを使うと パワーが強すぎて、ネジがだめになってしまったり、材が割れてしまったりします。

drilldriver002

2. 本体の操作箇所

電源スイッチ

スイッチはトリガー式になっています。引くとスイッチが入ります。 スイッチに無段変速機能が搭載されているものは、引き加減によってスピード調整が可能です。 ビスを打ちこむとき、はじめはゆっくり打ち込んでいくことで、ビスをまっすぐ入れやすくなります。 また、割れやすい材や、箇所に打ち込むときにスピードを遅くすると ネジ締めを慎重に行えるので、ビスや材がダメになるのを防ぐことが出来ます。

正逆転切り替えスイッチ

トリガーの横についているスイッチで正転・逆転の切替ができます。 ネジを締めるときは正転、ネジを緩めるときは逆転にして使用します。

チャック

drilldriver006

ビット(先端パーツ)を差し込む部分です。 ドリルチャックという大きさを調節できる形状になっているので、様々な形のビットを装着することが出来ます。 六角軸、丸軸、六角、軸の太いものや細いものまで装着可能です。

トルク調整部(クラッチ機能)

drilldriver010

トルクとは締め付ける力の強さのことで、トルクを調整できる機能のことをクラッチ機能といいます。 クラッチの調整段階は機種によって異なります。少ないもので10前後、多いもので20段階以上あるものもあります。数字が小さいほど締め付け能力は弱くなります。高いほど強くなります。 柔らかい材や薄い材、短いネジを使う場合は値を低く、かたい材や厚い材、長いネジを使う場合は設定値を高くしてください。

drilldriver011

トルクを設定すると、打ち込む際設定したトルク値に達した時点で、クラッチがかかって空回りするようになっており、ネジの締めつけ過ぎ、材料が割れることを防ぐことも出来ます。 また、値を設定すると、同じ力でネジ締めができるので、同じ材に同じネジを打ち込む場合は一定の深さでネジ締めをすることが可能です。

drilldriver012

はじめは調整値を低めに設定し、試し打ちをしながら、徐々に値を上げていって調整を行いましょう。 調節せずにいきなり高い数値で使用すると、打ち込みすぎてネジが埋まってしまうことがあります。調節せずに打ち込みすぎたネジ(左)調節しつつ打ち込んでいったネジ(右)を比べれば違いがわかりますよね。

drilldriver013

ちなみに、穴あけをするときはトルク調整部はドリルモードに切り替えて使用します。 ドリルモードにするとクラッチがかからなくなります。

スピードコントロール

drilldriver014

HIGH/LOWや1/2などの2段階に分かれています。 柔らかい材や薄い材、短いネジを使う場合は遅く、かたい材や厚い材、長いネジを使う時は早くに設定します。

3. ドリルドライバーの使い方

1.トルク調整(穴あけの場合はドリルモードに)
2.ビットを装着(ビットを差し込み、チャックをしっかり閉めたらビットが外れないか確認してから使用してください)
3.コンセントを挿す(コード式のみ)
の順で始めます。
先にコンセントを挿してしまうと、うっかり電源が入った時に怪我をする危険があるので、この順序で始めてください。 バッテリー式でビットを装着する際、スイッチ部分を押してしまうと同じく怪我をする危険があります。 お気をつけください。

ネジ締め

drilldriver017

ビットにビスをはめこみ、材にあてます。 きちんとはまっていないとネジがなめる原因になるのでぴったり合うように装着してください。

drilldriver018

はじめはスイッチを大きく引かず、ゆっくり回転させると、まっすぐ打ち込みやすくなります。

穴あけ

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap