2017年05月17日更新

クラッキング塗装の基本と、失敗した時の修正方法

アンティーク感がたまらないクラッキング塗装!でもタイミングや量を間違えて失敗してしまうこともあるかもしれません……。今回はクラッキングの基本と、修正方法をご紹介します。

バンデラス
バンデラス

クラッキング塗装に必要なもの

必要なものは以下のとおりです。基本はこれだけで大丈夫。

  • 塗装するもの(今回は板材)
  • 刷毛
  • 下塗り用塗料
  • クラッキングメディウム
  • 上塗り用塗料
  • ドライヤー(あれば乾燥が早い)

修正にはこれらのものを使います。

  • 粘着テープ
  • サンドペーパー

 

1下塗り

背景となる色を下塗りします。完成時にはこの色がクラッキングメディウムのヒビ割れから見える色になります。

 

2クラッキングメディウムを塗装

下塗りが乾いたらクラッキングメディウムを塗り重ねます。いつもの塗装より気持ち厚めに塗ったほうがいい感じのひび割れになりやすいです。

 

3クラッキングメディウムを半端に乾かす

完全に乾燥させるとひび割れが起こらないので、中途半端に乾燥させてください。目安としては「指で触っても塗料がつかないけど、粘着感はある」という程度です。

 

4上塗り

上塗りはヒビ割れが起きやすいよう、厚塗りを避けてください。満遍なく薄く広くがコツです。今回は修正方法を解説するため、わざとムラに塗っています。

 

4乾燥したら完成

通常であればここで完成です。耐久力が欲しい場合はニスでコーティングなどをしましょう。写真は見ての通り厚塗りしすぎた部分や塗れていない部分があるため修正を施します。

修正方法

ここからはクラッキング塗装を失敗した時の修正方法について解説します。

1テープを貼ってはがす

厚塗りしすぎた部分にテープを貼ってはがします。あまりに強力なテープを使うと上塗りが取れすぎることもあるので注意してください。

 

2ヤスリをかける

同じように、厚塗りしすぎた部分にやすりをかけましょう。

 

3うすーくかすれさせて塗る

塗れていない部分は刷毛の先っぽで、うすーく線を描くように塗ると周りのヒビ割れと溶け込んでいきます。

 

4修正後

修正によって全体的に整えられ、失敗した感はかなり無くなりました。これで完成ですね。

 

クラッキングメディウムでアンティークDIY!

ヒビ割れ加工はいい感じの雰囲気がでるので興味がある人も多いでしょう。もしも失敗したときは慌てずに今回ご紹介した方法を試してみてください。

購入はこちら
ターナー色彩 ミルクペイント クラッキングメディウム

関連リンク
アンティークな照明をリメイクDIY!ベッドサイドをいい感じの雰囲気にしよう

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap