2015年10月08日更新

塗装の相棒である刷毛。形状や毛の種類を簡単まとめ!

初めての塗装、塗料だけでも種類が多く頭を悩ませた後にくる刷毛選び。今は油性用刷毛、水性用刷毛、ニス用刷毛、万能用刷毛など塗料の種類によって商品が分かれているため、それほど悩むことはないが、そもそもの刷毛の形状と使われている毛の種類について一度振り返ってみたい。

ハケの形

  • 筋交い(スジカイ)バケ
  • 一般的に使われている筋が斜めになっている刷毛。実は海外にはなく日本独特の形。

    20151008-04

  • 平(ヒラ)バケ、ベタバケ
  • 主に平らな面、比較的大きい面積を塗る際に使う。

    20151008-03

  • 寸胴(ズンドウ)バケ
  • 粘性の高い塗料を引き伸ばして塗るのに最適。

    20151008-02

  • ローラー&コテバケ
  • 刷毛の他にはローラーやコテバケがある。刷毛に比べてローラーの方がムラなく簡単で早く塗れるため、ローラーを使う職人が多い。また、ローラーよりもスピードは落ちるが、ハケ目もなくきれいに仕上げられるコテバケは平らな面に塗る場合にとても適している。

    20151008-05

    ハケによく使用される主な毛材

  • 馬毛
  • ハケの毛材として使用頻度も高い。塗料の含みはヤギと豚毛の中間で適切な腰がある。

    uma

  • 豚毛
  • 毛質が太く毛腰が非常に強く毛先が柔らかいため粘土の低い防虫防腐剤の木部塗装に最適

    buta

  • 山羊毛
  • 上記2つよりも塗料の含みがよく、毛質が柔らかいためハケ目が残りにくい

    yagi

  • 化学繊維
  • PP・PBT・ナイロン・アクリルなどがあり、それぞれの特徴を活かし組み合わせる事によって速乾性塗料や溶剤などに対応。

    kasen

    塗料の種類による刷毛の選び方

  • 油性塗料の場合
  • 馬毛、豚毛などの腰の強い毛。

  • 水性塗料の場合
  • 山羊やナイロンなどの白い毛。

    ただし油性塗料は昨今の進化によって、従来の液体分を蒸発させ塗膜をつくる方法ではなく、化学変化によって硬化させる塗料が増えてきており、動物の毛のハケの場合、塗膜になる前に毛のアルカリ成分と反応しハケの中で塗料が固まってしまうことがあるため、一概には油性塗料が動物の毛の刷毛が適しているとは言えなくなった。

    DIYに塗装は欠かせない。

    同様に、刷毛やローラーは欠かせない道具である。刷毛について知れば知るほど、塗装中もまたDIYの味わいポイントが増えるはず。

    おすすめ記事

    DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

    「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
    「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

    そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

    1. 木材塗装の基本
    大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

    2. 電動工具の基本
    makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

    3. 木材加工の基本
    材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

    4. 溶接の基本
    アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

    基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

    DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
    DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

    人気記事ランキング