2015年10月23日更新

糸鋸を安全に楽しむための、糸鋸刃の選び方

糸鋸は便利な工具ですが、本体を購入しても専用の刃がなくては使えません。しかし糸鋸の刃を購入する時には返し刃やアサリの有無などの気をつけるべきポイントがいくつかあります。今回は糸鋸の刃について解説していきましょう。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

糸鋸の刃を買うときのポイント

スクリーンショット 2017-02-14 12.03.22

糸鋸の刃を購入する際に気をつけるべきことは、大きく分けて3つあります。と言っても基本は普通のノコギリと同じで「返し刃の有無」「アサリの有無」「木材に適した刃を選ぶ」の3点に気をつけてもらえれば問題ありません。それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

“返し刃”とは?

スクリーンショット 2017-02-14 11.22.44

刃の向きが2~5山ほど全体とは逆さに付いているものが、「返し刃」と呼ばれるものです。返し刃が付いているとバリの発生をある程度は防いでくれるので、切断面がキレイな仕上がりになります。返し刃は主に木工用の刃に付いているもので、金属や樹脂用の糸鋸刃には付いていません。もし返し刃が付いている糸鋸刃で、金属・樹脂類を切断すると跳ね上がりが強くなり、刃が折れて怪我をしたり、材料を破損したりしてしまうので気をつけましょう。

アサリとは?

スクリーンショット 2017-02-14 11.47.56

アサリとは、刃先が交互に外側へ曲げられている部分の事です。「アサリ有り」の刃は、鋸の厚み以上に広い切り口となる為、切断した部分の材と鋸の摩擦を軽減してくれるので硬い材や厚い材でも切断しやすくなります。ただし、そもそも切断しやすい軟らかい木材をアサリ有りで切断すると、アサリ無しの刃に比べて、切断面がザラザラと粗くなりがちです

対して、「アサリ無し」の刃は、鋭い切れ味があり精巧な細工が可能で、切断面もキレイです。ただし、板からの締め付けが厳しく、切断面が焦げたり、厚い板では垂直に切れなくなったりします。作業性や材料の硬さ、厚さによって、アサリの有無を選びましょう。

木材に適した刃のタイプ

それぞれ刃の厚みや、刃と刃の幅や、刃の数(山数)によって切りやすい木材は変わってきます。木材の硬さや厚みによって、選びましょう。

・刃の厚み
厚い→厚い木材、硬木の加工向け
薄い→薄い木材、軟木の加工向け

・刃の幅
広い→厚い木材、硬木の加工向き、直線切り向き
狭い→薄い木材、軟木の加工向き、曲線切り向き

・刃の数
多い→薄い木材、軟木の加工向き、切り口のバリが少ない
少ない→厚い木材、硬木の加工向き、切り口が粗い

軟木:キリ、スギ、シナベニヤ、ヒノキ、アスナロ、サワラ、ネズコ、バルサ等
中間木:カツラ、ツガ、カヤ、イチョウ、ヒバ、マツ、クリ、パイン等
硬木:ブナ、ナラ、サクラ、コクタン、シタン、ケヤキ、イスノキ、ラワン等

オススメしたい糸鋸刃の種類

スクリーンショット 2017-02-14 12.31.07

返し刃付き、大アサリ付きで、刃の厚みが0.5ミリ~0.65ミリのものは、丈夫で万能なので是非持っていた方がいいでしょう。切り口は粗くなりますが、硬い木でも切れる上初心者でも扱いやすいので、小中学校の工作等でも使われています。仕上げにはサンドペーパーを使用して、滑らかに仕上げましょう。

今回オススメした糸鋸刃

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap