2017年10月03日更新

木材塗装で選ぶならどれ?オイルステイン、水性ステイン、ニスの3つを使い分けよう!

カフェで見たテーブルのように木材を綺麗に塗装したい。木工DIYをしていてこのように思ったことはないですか?木材用塗料はたくさんありますが目指す仕上がりを実現させるには適切な塗料を選ばなければなりません。今回はDIYに欠かせない木材の「着色」と「保護」をしてくれる塗料について詳しく説明しましょう。

バンデラス
バンデラス

もくじ

・オイルステインや水性ステインてなに?
・ニスってなに?
・ステインとニス両方の長所をもつ塗料
・それぞれの重ね塗りはできないの?
・まとめ

・オイルステインや水性ステインてなに?

ステインとは塗料の一種で、木材に浸透することで色を染み込ませる「浸透型塗料」と呼ばれるものです。言い換えると「木材の着色料」のようなものですね。ステインはオイルステインや水性ステインに分かれますが、ざっくり言うと油を使っているものがオイルステイン、使っていないのが水性ステインです。

木材に浸透して木目を活かしてくれる!

ステインは浸透型なので木材に染み込んで着色します。そうすると木の木目によって色の濃淡が変わるため、無塗装よりも木目がはっきりと現れるのです。何回か塗り込んで色を濃くすることもできますが、木目が消えることはありません。

汚れや水には弱い

ステインは表面をコーティングしているわけではないので木材を保護する力はほぼありません。そのため汚れがつきやすく水にも弱いです。木材を保護したいときはニスなどでコーティングしましょう。

 

オイルステインを使ったDIY事例

カバチョ ハンドメイドさん(@kabacho_handmade)がシェアした投稿

こちらはオイルステインで塗装されたおしゃれな木工作品です。木目が綺麗に出ていますね。

水性ステインを使ったDIY事例

tomoyole SHIMA,MIE,JPNさん(@tomoyole)がシェアした投稿

レトロ感漂うドレッサーのDIY作品です。水性ステインのマットな質感が時代を経た雰囲気を出すのに一役買っていますね。ドレッサーの天板に当たる部分は元は扉だったものを使ったそう。アイデアに脱帽です。

 

・ニスってなに?

ニスとは表面を樹脂膜でコーティングして木材を保護してくれる塗料のこと。塗料の中では「造膜型」と分類されます。プラスチックの層がのっている状態をイメージしてください。

強い塗膜で木材を保護してくれる

ニスは木材を保護する力が強く、汚れや水からしっかり守ってくれます。その反面、塗膜が硬いので一度コーティングすると剥がすのが難しく、汚れを弾くので別の塗料を上から塗るということも困難になります。

 

ニスを使ったDIY事例

Keiji Imanishiさん(@lsd.kj)がシェアした投稿

耐久性が高いのでテーブルなどにおすすめ。このような素敵なテーブルを傷や汚れから守ることができます!

 

・ステインとニス両方の長所をもつ塗料

ここまでの説明でステインとニスは一長一短ということがなんとなくわかってもらえたかと思います。しかし実は木に浸透して木目を強調しつつ、木材をある程度保護してくれる塗料があるのです。「浸透型」と「造膜型」のいいとこ取りなアイテムですが、これらを3つご紹介しましょう。

1.ブライワックス

DIYerたちはもちろん、英国王室までもが愛用する極めて優れたワックス。無垢の木製品の保護やツヤ出しができるうえに、着色も可能な仕上げ材になっています。主原料には蜜ロウとカルナウバロウという自然素材が使われていて安心して使えます。

購入はこちら
ブライワックス

ブライワックスを使ったDIY事例

Yuji Tokimatsuさん(@yuji.tokimatsu)がシェアした投稿

こちらのカッコいい岡持ちもブライワックスで塗装したもの。木目を活かした仕上がりとツヤで側面の組み木がイキイキしていますね。

ブライワックスについて詳しくはこちら
ブライワックスと水性ステインウッドダイの色見本を紹介
アンティーク塗装におすすめ!ブライワックスの塗り方を動画で解説

 

2.蜜蝋

ナチュラルなツヤ感が欲しい人には蜜蝋がおすすめ。この商品は原料に蜜蝋や亜麻仁油など自然由来のものを使っているため、子供のいるご家庭でも安心して使える塗料です。

購入はこちら
尾山製材 木工用みつろうクリーム

蜜蝋を使ったDIY事例

tompapaさん(@tomcamp626)がシェアした投稿

お出かけが楽しくなりそうなテーブルとチェアのキャンプセット。蜜蝋ならではの自然なツヤ感で落ち着いた雰囲気です。

 

3.柿渋

日本古来の柿渋も浸透型の塗料で、ステイン同様に重ね塗りをすればするほど色が濃くなっていきます。紙、布や木の染料として使われてきた天然素材で、最近はホルムアルデヒドを吸着する作用があるとも言われています。防水・防腐効果があり、時間の経過とともにこのように色合いが変わっていくという面白い特徴があります。

購入はこちら
柿渋

柿渋を使ったDIY事例

you☆:*さん(@y0u8y0u8)がシェアした投稿

こちらのインスタグラマーさんは柿渋の塗装で古くなった棚をリメイクしたそう。まさに渋い味のある仕上がりになっていますね。

 

・それぞれの重ね塗りはできないの?

木目を生かしたいけど保護もしたい!という方におすすめなのが紹介してきた塗料の重ね塗りです。しかしここでちょっと注意が必要。重ね塗りできる順番とできない順番があるのです。というわけでまとめて説明しておきますね。

ざっくり言ってしまうと「ステイン→いいとこ取り塗料→ニス」の順番ならOKですが、その逆の順番はアウトということです。ニスなどの仕上げ材は膜が硬いので上塗りできないんですね。

・まとめ 木目を活かすならステイン、保護力で選ぶならニス

作ったものを保護するためにも塗装が必要です。作りたい物のデザインを考えて、色や耐久性を重視するならニスを、自然素材で木目を残したいならステインを選びましょう。両方のいいとこどりな塗料は工程が少なく済むので便利ですが、ニスほどの保護力はありません。DIYしたいものと相談しながら塗料を選んでみましょう。

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap