2016年05月15日更新

ブロック塀コンクリート風塗料の塗り方/額縁のリメイク

セメントやコンクリートを使ったDIYはしたいけど、施工することに抵抗があったり難しいと思ったりする方には絶対おすすめ!木材に塗装するだけでリアルなコンクリート風に仕上がる塗料を紹介します。これなら木材塗装だからコンクリートの重さもないので壁に掛けるインテリアも安心です。

材料・備品

木材の額縁
水性シーラー
コンクリートエフェクトペイントセット(ブロック塀タイプ)
・Cement texture gray(セメントテクスチャーグレー)
・Cement dark gray(セメントダークグレー)
・Cement sand(セメントサンド)
・Cement gray(セメントグレー)

工具・道具

塗料缶
塗料を混ぜる棒
サンドペーパーもしくサンダー(40番もしくは60番)
スポンジ
布切れ3枚
ゴム手袋

20160515-01a-2

額縁をブロック塀コンクリート風にする塗り方

1絵を外した額縁の塗装をサンドペーパーもしくはサンダーで全て剥がします。木材に塗料の吸収を抑えるため密着性を上げるために水性シーラーを塗ります。

20160515-01a-3-1 20160515-01a-4-1

※塗装の種類によって剥がす時間は変わってきますが、今回はウレタン塗装だったため剥がすのに1時間ぐらいかかりました。

2水性シーラーが乾いたらCement texture gray(セメントテクスチャーグレー)を5%~15%ぐらいの水で希釈して、スポンジで塗装していきます。今回はブロックのボソボソ感をたくさん出したかったので5%ぐらいの水で希釈しました。

20160515-01a-5-1 20160515-01a-6-1 20160515-01a-7-1

3ある程度乾いたら、Cement dark gray(セメントダークグレー)とCement sand(セメントサンド)を5倍の水で薄めます。軽く水を絞った布切れで2色まだらになるように塗っていきます。この時点で更にいい感じになります。

20160515-01a-8-1 20160515-01a-9-1

4仕上げに5倍に薄めたCement gray(セメントグレー)を軽く乗せて馴染ませるように塗っていきますとコンクリート風の色になります。

20160515-01a-10-1 20160515-01a-11-1 20160515-01a-12-1

53~4時間ほど乾燥させて絵を戻せば完成です!

20160515-01a-13

最初に塗装したCement texture gray(セメントテクスチャーグレー)は、ブロック塀のようなザラザラとした質感を出す塗料なので、ツルッとした打ちっぱなしのコンクリート風の塗料が好みであればCement dark gray(セメントダークグレー)、Cement sand(セメントサンド)、Cement gray(セメントグレー)の3色で作れます!

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング