2016年06月01日更新

鳥の巣キャンドルホルダーの作り方|白セメントで作るDIYレシピ!

薄暗い中で灯るキャンドルはとても幻想的で、室内のレストランからアウトドアキャンプなどでも人気の照明です。 やわらかい光をもっと感じられるように、明かりを包むようなぷっくりとした丸みのあるキャンドルホルダーを作りました。白セメントで作る鳥の巣のようなキャンドルホルダーの作り方を紹介します。

所要時間35分
材料費700円程度

材料・備品

超速乾30分セメント(白)・・・約500g
風船2~3つ
プラ板(セメントを固めるために置いておくシート)
キャンドル2~3個

工具・道具

モルタルを練る缶
モルタルを混ぜる棒
スプーン
ビニール手袋

20160601-01a-2

白セメントで作る鳥の巣キャンドルホルダーの作り方

1風船をキャンドルが入る大きさぐらいに膨らませて口をしっかり結びます。先端のゴムが伸びきらず尖がった形状となるので、手でぎゅっと膨らまし口にゴムを寄せて丸みを作ります。

20160601-01a-3 20160601-01a-4 20160601-01a-5

2白セメントを作ります。水の分量は購入したセメントの説明より少なめに入れて、しっかり練り合わせてください。スプーンからセメントが落ちず、容器に”コン”とあてると”ボタッ”と落ちる硬さがちょうどいいです。素手でセメントに触れると手が荒れますのでビニール手袋をはめてくださいね。

20160601-01a-6 20160601-01a-7 20160601-01a-8

3白セメントを練ったら手早く風船にベタベタと厚めにつけていきます。ある程度つけたらプラ板の上に置いて、白セメントを付け足したり整えたりします。

20160601-01a-9 20160601-01a-10 20160601-01a-11 20160601-01a-12

4白セメントが固まったら風船の空気を抜きます。破裂させる割り方は白セメントを壊す可能性があるので、しぼますようにゆっくり空気を抜いてください。今回は風船をつまんだ所にハサミで少し切込みを入れて指で調整しながら空気を抜きましたが、風船にセロハンテープを貼って針で穴をあける方法もあります。

20160601-01a-15 20160601-01a-13 20160601-01a-14

5完成です!白セメントが乾く前にプラ板に乗せているので、底が平らになって安定したキャンドルホルダーが出来ます。

20160601-01a-16 20160601-01a-17

無造作に作られた模様がキャンドルのやわらかい光によって、芸術的なデザインに見えます。キャンドルホルダー以外に小物入れなどにも使えますが、強度がないのでぶつけたりすると割れてしまいます。鳥の巣のように慎重に扱ってくださいね。

20160601-01a-19 20160601-01a-1

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング