2017年04月07日更新

大きめサイズのドリル穴を正確にあける簡単な方法

ダボ穴やネジ穴など、穴をあけるときに大活躍のドリルビットですが、サイズが大きなものは扱いづらく、せっかくあけた穴がななめになっていたりします。そんな時に使って欲しいのが今回ご紹介するテクニックです。

バンデラス
バンデラス

大きなドリルビットは難しい

大きな家具を作る時など、サイズの大きなドリルビットを使うこともあると思います。そういう時に起こりがちなのが穴の歪み。大きなドリルビットは削っている部分が大きいので抵抗が大きく、小さいドリルビットより扱いが難しくなります。そのため穴が歪んだりななめになってしまったりと、思ったような仕上がりにならないこともしばしば。

実際にやってみましょう。写真のように大きなドリルビットで板材に穴をあけてみます。これだけの大きさだとドリルビットも木材もしっかり押さえないとブレてしまうくらい抵抗が大きいです。

空いた穴はこんな感じ。これはまっすぐ上から写した写真ですが、穴の左側の側面だけが若干見えています。穴が右に向かってななめになっているのですね。

ただ穴をあけるだけならこれで十分ですが、この穴に棒を差し込んだりするならこのわずかなズレが見映えに大きく響いてきます。きっちり正確に穴をあけたくても、穴あけ作業は一発勝負でやり直しも効きません。しかし、もっと簡単にかつ正確に大きな穴をあける方法があるのです。

まず小さな穴をあける

まずはあける予定の穴よりも小さなサイズのドリルビットを用意します。そしてそのドリルビットで穴をあけたい場所の真ん中に穴をあけましょう。

小さなドリルビットなので抵抗も少なく、綺麗な穴があけやすいはずです。

次に大きなドリルビットを使う

そして次に大きなドリルビットを使います。写真のように、ドリルは大小に関わらず先端が尖っているはずなのでその先端をあけておいた穴に差し込みましょう。小さなドリルビットであけておいた穴が、大きなドリルを誘導するガイドの役割を果たしてくれるのです。

仕上がりはこんな感じになります。大きなドリルビットでいきなりあけた穴より、垂直でキレイな穴になりました。 ドリル加工で失敗したくない時は是非試してみてください。

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング