2017年04月19日更新

ネジを無駄なく使おう!ネジの長さがちょっと長いor短い時の対処法

ネジって、気付けば半端に余って工具箱の底にゴロゴロしがちですよね。 そんなあり合わせのネジを使った時って、微妙に長さが合わない。 ちょっと長い、ちょっと短い…そんな時の簡単な対処法をご紹介します!

カローラ
カローラ

そもそもネジってどのくらいの長さが必要なの?

留める木材に対して約2.5倍~3倍の長さのネジが必要です。例えば25ミリの板を打つ場合だと75ミリ程のネジで打たないと、しっかりとした強度を保てないんです。

しかし、手持ちのネジがこれより長すぎて突き抜けてしまったり、短すぎて取れてしまいそうになることがよくあります。そんな時の対処法をご紹介します!

ちょっと長いとき

ネジの先端がちょっと木材を突き抜けてしまった!こんな時の対処法です。

1工具で切ってみよう

使うのはニッパーです!

ニッパーで突き抜けた部分をパチン!切った先は尖っていて危険なのでヤスリをかけましょう。

布やすりを使ってみました。#150では刃が立たず、#40でうまく滑らかにすることができました。木材を傷つけてしまわないよう、ネジの先だけを引っ掛けるようにして磨きましょう。

ねじが飛び出たまま(右)と比べると、ニッパーでカットしてやするだけで平らになっていますね。

今回は切り口が綺麗になるようにと思いニッパーを使用しましたが、力がかなり必要でした。刃が欠けてしまうこともありますので、釘きりなど金属を切るのに向いた道具を使うのをおすすめします。

木材を傷つけず、突き抜けさせたくない時はネジを切ってから締める方法もあります。

ネジを切るときは、ネジ山に沿って斜めにする断面が綺麗になります。 切った時にネジ山が潰れてしまうと、木材にネジが入っていきませんので注意してくださいね。

ネジを切る前に木材の3分の1程度ネジを入れて下穴にネジ山を作っておくと良いでしょう。 この時ネジをすべて入れてしまうと、本番に締める時に緩くなってしまうので注意してください。

2当て木で厚みを増やす

木材の厚みが足りないのなら、増やしてみましょう!ネジが突き抜けてしまう部分が多い場合、厚みが充分な当て木をすると強度も維持できます。

当て木をする時は、ボンドで留めるかしっかりとクランプで押さえるようにしましょう。木材と当て木が密着していないと、材が回転したりしてケガにつながる恐れがあります。

ちょっと短いとき

ネジが短い時は「座彫り(木材を掘り下げて埋め込むための穴をあける)」をしてみましょう。

普通にネジを締めても下の木材に届かない場合(写真左)、ネジの必要長さ(打ち付ける板の2.5~3倍)を考慮して座彫りをすることで短いネジも使うことができます。座彫りすると強度が落ちるので深さは木材の厚みの半分まで(写真右)にするようにしましょう。

方法は、ネジ頭が入る直径のドリルで穴をあけます。次に、下穴錐で下穴をあけてネジを締めます。ドリルであけた穴にダボ埋めすると、ネジ頭も隠れて綺麗な仕上がりになりますね!

余ったねじも正しく有効活用!

いかがでしたでしょうか。無駄なくネジが使えると気分もハッピーですよね!でも、人が乗ったり重たい物を載せたりする時には、安全のために必ず材料にあった長さのネジを使うようにしてくださいね。

この記事を書いた人

カローラ

カローラ

元DIY FACTORY大阪店スタッフで1児の母、カローラです!娘と一緒にお揃いのツナギ着てDIYするのが夢。DIYアドバイザー・二級建築士

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング